長崎県:長崎弁(北部編)

「信じぬかんば。そいでひとりんなったっちゃ。」

4000メーターの崖にかこまれて、そとの世界ば知らっさん町のあった。

町はえんとつばっかい。

あっちゃこっちゃから煙のあがって、あたまのうえはモックモク。

朝から晩までモックモク。

えんとつ町に住んどるひとは、くろか煙んとじこめられて、

あおか空ば知らっさん。

きれか星ば知らっさん。

 

 

町はいま、ハロウィンまつりのさいちゅう。

魔よけん煙もあわさって、いつもよいかモックモク。

あるとき、

夜空ばはしりよらした配達屋さんの、煙ばすいこんで、

配達中の心臓ば、うっかいおとしてしまわした。

ほんなごて視界のわるかけん、どこんにきおちたかわからっさん。

配達屋さんはさっさとあきらめて、夜のむこんにきスタコラサッサ。

ドクドクドクドクドックドク。

えんとつ町のはじっこで、あの心臓は鳴いよる。

 

 

心臓は、町んはずれのゴミ山におちとった。

ドクドクあばるっ心臓に、ゴミのあっちゃこっちゃひっついて、そうしたら生まれたゴミ人間。

あたまはバサバサ、オンボロん傘。口からガスば、プスーハッハ。

ほんなごってきたなかゴミ人間。ほんなごってくさかゴミ人間。

耳ばそばだてたら、とおかとこから鐘の音の聞こえて来た。

どうも、じぶん以外に誰かおらすごたる。

ゴミ人間はゴミ山ば出ていかした。

 

 

町にいかしたら、バケモンたちのウヨウヨ。

「んにゃ、そうとうおかしかかっこしとるばい」

ふりむいたら、そこんつっ立っとっとはカボチャのバケモン。

「なんきゃあんたは?」

「地獄ん業火ばのみこんで、ハロウィンの夜ばあやしゅーひからす。

オイん名はジャック・オー・ランタン!」

 

 

いろいろなバケモンたちのゴミ人間んとこにきあつまってこらした。

「イ~ヒッヒ、みんなのおそるっ夜ん支配者、魔女ば〜い」

「悪魔ん科学者の生みださしたモンスター、フランケンさまはオイんことばい」

「死ぬことばわすれとった、わたしはゾンビ」

みんながみんな、こがん聞いてこらす。

「そいぎんおまえは、なにモンね?」

「オイはゴミ人間たい」

バケモンたちはいっせいに笑ろうた。

 

 

バケモンたちんなかまにまざったゴミ人間は

「トリック・オア・トリート、トリック・オア・トリート。

おかしばやらんばわるさするけんね」と家々ばまわって、

おとなたちからおかしばわけてもらいよらす。

そいで、じぶんよりこまかこどもたちには風船ばプレゼントしてまわりよらす。

ゴミ人間のふくらかさした風船はぷかぷか浮かんで、こどもたちは、おおよろこび。

「よっしゃ、つぎの家たい。いこうで、ゴミ人間」

 

 

あっちゃこっちゃまわって、バケモンたちんポケットは、おかしでいっぱいになった。

時計台の鐘の鳴って、みんな、かえるじゅんびばしださした。

ゴミ人間はなかまんひとりにはなしかけらした。

「ハロウィンはたのしかね。またあしたもしよーで」

「なんばいいよっと、ゴミ人間。ハロウィンはきょうまでばい」

そがんゆって、バケモンたちはついからついにマスクばぬぎださした。

カボチャんなかからはおとこんこのアントニオが、

魔女んなかからはおんなんこのレベッカが、それぞれでてこらした。

なんの、みんなバケモンの仮装ばしとっただけやった。

 

 

「どかんしたと、おまえもぬがんばたい、ゴミ人間」

「そうばい、そがんきたなか仮装、あんたもいややろ?」

レベッカがゴミ人間のあたまばひっぱらした。

「いてててて」

 

 

「キャアア!」

レベッカはふっとか声ばあげらした。

「コイは、仮装じゃなか!」

おとこんこたちはゴミ人間からサッとはなれた。

「あっちいけバケモン!」

「町からでていかんばけんね、ゴミ人間!海んながされればよかったい!」

おとこんこたちはついからついに、きたなかことばばあびせた。

 

 

ゴミ人間のことはすうぐ町じゅうにひろまった。

「ゴミ人間だ」

「バケモンのあらわれたばい」

ゴミ人間のはなしかけらしても、

「あっちいかんばさ、ゴミ人間」「ニオイのうつるたい」

て、あいてにもしてもらわれらっさん。

ゴミ人間はベンチにすわって、プスーハッハとくさかためいきばこぼさした。

そんときやった。

「アンタがうわさされよるゴミ人間きゃ。ソイ、仮装じゃなかとって?」

 

 

ふりむいたら、体じゅう“スス” だらけのおとこんこのつっ立っとった。

おとこんこはゴミ人間のしょうたいば知っとったっちゃいっちょんにげらっさん。

「オイは、えんとつそうじ屋んルビッチ。アンタは?」

「……ん、んっとね」

「なまえのなかったらつければよかたい。そいぎん、

……ハロウィンの日にあらわれたけん、アンタんなまえはハロウィン・プぺルたい」

 

 

「ハロウィン・プぺル、アンタはこがんとこでなんしよっと?」

「だいもあそんでやらっさん」

プぺルがそがんゆったら、ルビッチはワハハってわらった。

「そりゃそうたい、プぺル。アンタはきたなかし、それにそうとうくさか」

「ゆうね。そがんゆうルビッチっちゃ、まっくろしとったい」

 

 

「いまは、しごとからかえりよるけん、こがんススまみれたい」

「えんとつそうじは、おとなんしごとやろ?」

「ウチんちは父ちゃんのおらんけん、オイがはたらかんばっちゃん。

そいより、そがんニオイやったらさ、きらわれてあたいまいばい。うちん庭で体ば洗いよ」

「え? よかと?」

「オイも体ば洗わんば家にあがられんけんね。ついでにアンタも洗えばよか」

「ルビッチはさオイばさけんでね」

「なんかなつかしかニオイのするっちゃんね。オイのすてたパンツんまじっとっちゃなか?」

 

 

ルビッチはプぺルの体ばすみずみまで洗ってやらした。

よごれはきれーになって、ニオイはだいぶマシんなった。

「ありがとう、ルビッチ」

「……でもさ口んくさかね。息ばはいてみぃ」

プぺルは息ばはかした。

「アハハ、こりゃくさか。プぺル、
そいはガスばい。こすったっちゃムダばいね」

ふたりは、おそーまでいっしょにおった。

 

 

「アンタは、きょう、あのゴミ人間とあそんだとね?」

「だいじょうぶやったばい、母ちゃん。プぺルはわるかやつじゃなかけん」

「その好奇心は父ちゃんそっくりたい」

町でただひといの漁師やったルビッチんお父さんは、

きょねんの冬に波にのまれて、死んでしまわした。

みつかったとは、ボロボロにこわれた漁船だけ。

この町では、海には魔物のおるって信じられとって、海んでることば禁止されとったけん、

町んひとたちは「自業自得たいね」っていいよらす。

「あのさ、母ちゃんは父ちゃんのどこのよかったと?」

「照れ屋でかわいいとこのあったやろ。うれしかことのあったら、

すぐこがんしてひとさし指で鼻のしたばこすって」

 

 

つぎの日、プペルとルビッチは、えんとつのうえにのぼらした。

「こわか、ルビッチ」

「しっかいつかまっとけばよか。そいばってん突風のふくけん、おとしもんばせんごとね」

「なんかおとしもんしたことあると?」

「あるばい。父ちゃんの写真のはいった銀のペンダントさね。

父ちゃんの写真はあれ一枚しか残っとらんやったとばってん、さがしたっちゃみつからんやったっちゃんね」

ルビッチはドブ川ばゆびさしてゆった。

「あのドブ川におちたっちゃん」

 

 

「あのさ、プぺル、『ホシ』って知っとる?」

「ホシ?」

「この町は煙でおおわれとったい?そいけんオイたちは、みられんばってん、

あの煙んうえに『ホシ』ってゆう、光ってきれか石っころの浮かんどるとばい。

そいも一個とか二個じゃなかとばい。千個、一万個、もっともっと」

「そがんバカなはしのあるもんね。ウソやろ?」

「……オイん父ちゃんが、その『ホシ』ばみたっさ。

とおか海んでたときに、その場所で、頭のうえの煙んなかごとなって、

そこには光ってきれか『ホシ』のいっぱい浮かんどたとって。

町んひとはだいも信じらっさんで、父ちゃんはうそつき呼ばわりばされたまんま死んでしまったっちゃんね。

ばってん、父ちゃんは『煙んうえにはホシのあるばい』ってゆって、

ホシばみる方法ばオイにおしえてやらしたっちゃん」

ルビッチはくろか煙ばみあげてからゆった。

「『信じぬかんば。そいでひとりんなったっちゃ』」

 

 

つぎの日、まちあわせん場所にきたプぺルは、またくさかニオイば出しよった。

つぎの日も、そんまたつぎの日もそうやった。

「プぺルの体は洗ったっちゃ洗ったっちゃくそーなるね」

ルビッチは、くさかくさか鼻ばつまみながらも、まいにち体ば洗ってやりよった。

 

 

ある日のこと。

プぺルは、かわりはてた姿でこっちんきた。

「どがんしたとプぺル? ほんなごてなんのあったと?」

なんと、プぺルのひだり耳にひつっいとったゴミんとれとった。

「オイがおったら町のよごるっとって」

「耳は聞こえると?」

「んにゃ、ひだり耳からはなんも聞こえんごとなった。

ひだり耳のゴミんとれたらひだり耳の聞こえんごとなるごたる」

「アントニオたちのしわざばいね。なんでそがんひどかことばするっちゃろね」

「オイはバケモノンけん、しかたなかさ」

 

 

つぎの日、ルビッチはアントニオたちにかこまれてしまった。

「おい、ルビッチ。デニスのかぜでたおれたとばい。

ゴミ人間からもらったバイキンが原因じゃなかときゃ?」

「プぺルはちゃんと体ば洗いよるとばい。バイキンとかなかけんね!」

「ほんなごてうそばっかいついてから! きのうもあのゴミ人間はくさかったけんね。

おまえの家は親子そろってうそつきたい」

たしかにプぺルの体はいくら洗ったっちゃ、つぎの日にはくさくなっとった。

ルビッチにはかえすことばもなか。

「なんでゴミ人間なんかとあそびよっと。空気ばよまんばさ。おまえもコッチに来んばたい」

 

 

かえりみち、トボトボあるきよるルビッチんとこにプぺルのよってきた。

「ねえ、ルビッチ。あそびにいこうで」

「……またくそーなるたい。そいのせいで、オイはきょう、学校でイジメられたっちゃけんね。いくら洗ってもくそーなるおまえの体のせいで!」

「ごめんたい、ルビッチ」

「もうおまえとは会わんけんね。もうおまえとはあそばんごとした」

 

 

そいから、ふたりが会うことはのうなった。

プぺルはルビッチと会わんごとなってから体ば洗うことものうなって、

ますますよごれてきて、ハエのたかって、どんどんきたのう、どんどんくそうなってきた。

プぺルの評判はわるうなるばっかり。

もうだいもプぺルにちかづこうとはせんかった。

 

 

あるしずかか夜。

ルビッチのへやん窓のコツコツと鳴った。

窓に目ばやったら、そこには、すっかいかわってしもうたプぺルの姿のあった。

体はドスぐろして、かたほうの腕もなか。

またアントニオたちにやられたっちゃろうね。

ルビッチはあわてて窓ばあけた。

「どがんしたと、プぺル? オイたちはもう……」

「……イコウデ」

「なんばいいよっと?」

「いこうで、ルビッチ」

 

 

「ちょっとまってさ。どかんしたっていうと?」 

「いそがんば。オイん命のとられてしまうまいに」

「どこにいくときゃ」

「いそがんば、いそがんば」

 

 

たどりついたとは、ねこんこいっぴきよりつかん砂浜。

「いこうで、ルビッチ。はよ乗りっ」

「なんばいいよっと。この船はこわれとるけんすすまんばい」

いっちょんきにせんで、プぺルはポケットから大量の風船ばとりだして、

ふうふうふう、と息ばふきこんで、風船ばふくらかしよる。

ふうふうふう、ふうふうふう。

「おいプぺル、なんばしよっと?」

ふうふうふう、ふうふうふう。

「いそがんば。いそがんば。オイん命のとらるっまえに」

プぺルはふくらかした風船ば、いっちょずつ船にむすびつけていった。

 

 

船には数百個の風船のひっつけられた。

「いくばい、ルビッチ」

「どこに?」

「煙んうえ」

プぺルは船ばとめとったロープばほといてゆった。

「ホシばみにいこうで」

 

 

風船ばつけた船は、ゆっくい浮かんでいきよる。

「ほんなごてだいじょうぶと、コイ!?」

こがん高さから町ばみおろすとは、はじめてばい。

町の夜景はほんなごてきれかちゃんね。

「さあ、息ばとめり。ぼちぼち煙んなかにはいるばい」

 

 

ゴオゴオゴオゴオ。

煙んなかは、なんもみえん。ただただまっくらけんね。

ゴオゴオという風の音にまじって、プぺルのこえの聞こえてきた。

「しっかいつかまっとかんばばい、ルビッチ」

うえにいけばいくごと、風はどんどんつようなってきよる。

 

 

「ルビッチ、うえばみてみ。煙ばぬけるけん!目ば閉じたらだめけんね」

ゴオゴオゴオオオオ。

 

 

「……父ちゃんはうそつきやなかったばい」

そこは、かぞえきらんくらいの光でうめつくされとった。

いっときみよって、そいから、プぺルがゆった。

「かえりはね、風船ば船からハズせばよかとけど、いっぺんにハズしたらダメけんね。

いっぺんにハズしたら急に落っちゃけるけん、いっちょずつ、いっちょずつ……」

「なんばいいよっと、プぺル。いっしょにかえるっちゃろ?」

「アンタといっしょにおらるっとは、ここまでたい。

オイはアンタといっしょに『ホシ』ばみることんできてほんなごてよかった」

 

 

「なんばいいよっと。いっしょにかえろうで」

「あのさ、ルビッチ。アンタが失くしたペンダントば、ずっとさがしよったっちゃん。

あのドブ川のゴミはゴミ処理場にながれつくけん、

ぜったい、そこにあるとおもったっちゃんね」

 

 

「オイはさ、ゴミ山で生まれたゴミ人間けん、ゴミばあさくることには、なれとっちゃんね。

あの日から、まいにちんごとゴミのなかばさがしよったとけど、ぜんぜんみつからんで……。

十日もあれば、みつかるとおもったちゃけど……」

 

 

「プぺル、そいのせいでアンタん体は……オイは、あがんひどかことばしよったとに」

「よかとばい。アンタがはじめてオイにはなしかけてやらしたとき、

オイはどがんことのあったっちゃアンタん味方でおらんばって決めたっちゃん」

ルビッチの目から涙のこぼれた。

「そいに、けっきょくさ、ゴミ処理場にはペンダントはなかった。

オイがバカやったばい。

アンタが『なつかしかニオイのする』てゆったときに気づけばよかった」

プぺルは頭のオンボロ傘ばひらいた。

「ずっと、ここにあったけんね」

 

 

傘んなかに、銀色のペンダントのぶらさがっとった。

「アンタの探しよったペンダントはココにあった。オイの脳ミソたい。

なつかしかニオイのしょうたいはコレやったったいね。

オイのひだり耳についとったゴミののうなったときに、ひだり耳の聞こえんごとなった。

おんなじごと、このペンダントののうなったら、オイは動かんごとなる。

そいばってん、このペンダントはアンタのもんばい。アンタとおった時間、

オイはほんなごてしあわせやった。ありがとうルビッチ、バイバイ……」

そがんゆってから、プぺルがペンダントばひきちぎろうとさしたとき。

 

 

「ダメけんね!」

ルビッチがプぺルの手ばつようつかんだ。

「なんばすると、ルビッチ。このペンダントはアンタのもんたい。

そいに、このままオイが持っとったっちゃ、そのうちアントニオたちにちぎられて、

こんどこそほんなごてのうなってしまう。

そいぎんアンタは父さんの写真ばみられんごとなってしまうたい」

「いっしょに逃げればよかたい」

「バカんごたることばゆわんごと。オイといっしょにおるところばみつかったら、

こんどはルビッチがなぐられるかもしれんけんね」

「よかよ。痛かことはふたりでわければよかったい。せっかくふたりでおるっちゃけん」

 

 

「まいにち会おうでプぺル。そがんすれば父ちゃんの写真もまいにちみらるっけん。

そいけんまいにち会おうで。また、まいにちいっしょにあそぼうで」

ゴミ人間の目から涙のボロボロとこぼれた。

ルビッチとまいにちあそぶ……、そいはなんか、とおか昔から願っとったごたる、

そがんふしぎかきもちんなった。

「プぺル、ホシはほんなごてきれかね。つれてきてもらってありがとう。

オイはアンタと出会ってほんなごてよかった」

プぺルは照れくそうならして、

 

 

「やめりぃルビッチ。はずかしかたい」

そがんゆって、ひとさし指で鼻のしたばこすった。

 

 

「……ごめん、プぺル。オイも気づくとのおそうなって。そうたい、……そうたいね。

ハロウィンは死んだひとの魂のかえってくる日やったね」

「なんのこときゃ? ルビッチ」

「ハロウィン・プぺル、アンタんしょうたいのわかったばい」

 

 

「会いにきてやらしたったいね、父ちゃん」

 

 

THE END

 

 

【長崎県:長崎弁(北部編)担当】
 
尾崎 亜紀
【原作の購入はこちら】