岩手県:県北地域

「信じぬぐべ。たとえひとりさ なっても」

4000メートルの崖さかごわれ、そどの世界を知らねぇ町(まぢ)があったず。

町はえんとづだらげ。

そこらあだりから煙があがり、あだまのうえはモックモグ。

朝ま(あさま)がら晩方(ばんかだ)までモックモグ。

えんとづの町さ住むひとは、くろい煙さ とじこめられで、

あおい空を知らねぇず。

かがやぐ星を知らねぇず。

 

 

町はいま、ハロウィンまつりのまっただなが。

魔よけの煙もたささって、いつもいじょうにモックモグ。

あるとぎ、

夜空をはへる配達屋さんが、煙をすってゲホラゲホラしで、

配達中の心臓を、うっかりおどしてしまいました。

さすがに視界はこのわるさ、どごさおぢだがわかりません。

配達屋さんはさっさとあきらめ、夜のむごうさスタコラサッサ。

ドクドクドクドクドックドク。

えんとづの町のかたすみで、あの心臓が鳴っています。

 

 

心臓は、町のはずれのゴミ山さおぢました。

ドクドクあばれる心臓に、ゴミがあれこれくっつかって、ついに生まれたゴミ人間。

あだまはバサバサ、オンボロ傘。口からガスが、プスーハッハ。

とってもきたねぇゴミ人間。とってもくせぇゴミ人間。

耳をすますと、とおぐがら鐘の音が聞こえてきたった。

どうやら、じぶんのほかにもだれかいるよんた。

ゴミ人間はゴミ山をでました。

 

 

町さいくと、バケモノたちがウヨウヨ。

「じゃっ、ずいぶん変たらかっこうをしてるんでねが」

ふりがえると、そごさ立っていだのはカボチャのオバケ。

「なんだべ あんだは?」

「地獄の業火をのみこんで、ハロウィンの夜をあやしくてらす。

オレの名はジャック・オー・ランタン!」

 

 

いろんたバケモノだぢがゴミ人間のとごろさあづまってきました。

「イ〜ヒッヒ、みんながおっかながる夜の支配者、魔女だよ〜」

「悪魔の科学者が生みだしだモンスター、フランケンさまどはオレのことだ」

「死ぬごとをわへだ、わだしはゾンビ」

みんなそろって、こう聞いできます。

「とごろでおめはいったい、なにモノだ?」

「おれはゴミ人間だ」

バゲモノんどは いっせいに笑いました。

 

 

バケモノだちのながまっこさ くわわっだゴミ人間は

「トリック・オア・トリート、トリック・オア・トリート。

おやつよごさねぇばイタズラするぞ」と家々をまわり、

おとなたちからおやつをわけてもらいました。

そして、われよりちいさいわらさんどには風船をけでまわりました。

ゴミ人間がふぐらませだ風船はぷかぷか浮かんで、わらさんどは、おおよろこび。

「よし、つぎの家だ。いぐべ、ゴミ人間」

 

 

あっちゃこっちゃまわり、バケモノんどのポケットは、おやつでいっぱいになりました。

時計台の鐘が鳴り、みんなして、かえりじたくをはじめます。

ゴミ人間はなかまのひとりにはなしかけたった。

「ハロウィンはたのしいなっす。まだあしたもやるべね」

「なにへってらんだっきゃ、ゴミ人間。ハロウィンはきょうまでだべよ」

そういうと、バケモノだぢはつぎつぎにマスクをぬぎはじめたった。

カボチャのなかがらは おどごわらすのアントニオが、

魔女のなかがらは おなごわらすのレベッカが、それぞれでてきだった。

なんと、みんなしてバケモノの仮装をしてらった。

 

 

「なにしたずの、おめぇもぬげよ、ゴミ人間」

「んだ、そったにこきたねぇ仮装、おめもやんたべ?」

レベッカがゴミ人間のあたまをひっぱったときでした。

「いででででで」

 

 

「キャアア!」

レベッカがでっけぇ声をあげました。

「コイヅ、仮装じゃねぇ!」

少年だぢはゴミ人間がらサッとはなれだった。

「あっちさいげ バケモノ!」

「町がらでていけ、ゴミ人間! 海さ ながされでしまえ!」

わらさんどはつぎつぎに、きたないこどばをあびせたった。

 

 

ゴミ人間のうわさはすぐに町じゅうさ ひろまりました。

「ゴミ人間だ」

「バケモノがあらわれだ」

ゴミ人間がはなしかけても、

「あっちさいげよ、ゴミ人間」「ニオイがうづる」

と、あいでさ してもらえません。

ゴミ人間はベンチさこしをかげ、プスーハッハとくせぇためいぎをこぼしました。

そんなとぎでした。

「おめがうわさのゴミ人間が。ソレ、仮装じゃないねぇんだって?」

 

 

ふりぎゃーれば、体じゅう“スス” だらげの少年が立っでらった。

少年はゴミ人間のしょうたいを知っでもにげようとはしねがった。

「おれは、えんとづそうじ屋のルビッチ。おめは?」

「……え、えっど」

「なまえがなげればつげればいい。んだなあ、

……ハロウィンの日にあらわれだがら、おめのなまえはハロウィン・プぺルだ」

 

 

「ハロウィン・プぺル、おめはこったらとごろでなにしてるんだっきゃ?」

「だれもあそんでけないんだよ」

プぺルがそうへるど、ルビッチはワハハとわらったった。

「んだべなぁ、プぺル。おめはきだねぇし、それにずいぶんくせぇ」

「いってくれるな。そういうルビッチだって、まっくろげじゃねぇが」

 

 

「いまは、しごどのかえりだすきゃ、このとおりススまみれ」

「えんとづそうじは、おどなのしごとだべ?」

「ウヂさば父っちゃがいねぇがら、おれがはだらがなきゃねぇんだ。

それより、そったらくせぇかまりっこだば、きらわれであだりまえだべ。うぢの庭で体洗えばいいんだ」

「じゃっ、 いがべが?」

「おれも体を洗わなねぇと家さあがれねぇがらな。ついでにおめも洗えばいがべ」

「ルビッチはおれをさげないね」

「なんだがなつかすねぇかまりっこすんだよ。おれがなげだパンツでもまじってんでねぇべが?」

 

 

ルビッチはプぺルの体をすみずみまで洗ってけだった。

よごれはきれいにおぢて、かまりっこはずいぶんマシになったった。

「ありがどう、ルビッチ」

「……でも口がくせぇな。息はいでみろ」

プぺルは息をはいだった。

「アハハ、こりゃくせぇ。プぺル、それはガスだよ。みがいだってムダだべ」

ふたりは、おそぐまでいっしょにいだった。

 

 

「あんだ、きょう、あのゴミ人間とあそんだの?」

「だいじょうぶだ、母っちゃ。プぺルはわるいやづじゃねぇへんで」

「その好奇心は父っちゃゆずりだねえ」

町でただひとりの漁師だったルビッチの父っちゃは、

きょねんの冬に波さのまれ、死んでまった。

みつかったのは、ボロボロにこわれだ漁船だげ。

この町では、海さば魔物がいるど信じられでで、海さではるごどを禁止されでらったので、

町のひどだぢは「自業自得だべ」とへったった。

「ねえ、母っちゃは父っちゃのどごがいがったの?」

「照れ屋でめげぇとごもあったべ。うれしいごどがあると、

すぐにこうやってひとさし指で鼻のしたをこすって」

 

 

つぎの日、プペルとルビッチは、えんとづのうえさのぼりました。

「おっかねぇな、ルビッチ」

「しっかりつかまってれば、へいきだべ。だけど突風がふぐがら、おとしものさば気ぃつけでね」

「なにがおどしもの したこどあるの?」

「うん。父っちゃの写真がはいった銀のペンダント。

父っちゃの写真はあれ一枚しかのごってながったのに、さがしてもみつからねがったんだ」

ルビッチはドブ川をさしていいました。

「あのドブ川さおぢたのさ」

 

 

「ねえ、プぺル、『ホシ』っておべでらが?」

「ホシ?」

「この町は煙でおおわれでるべ? へんだへんで、おれだちさば、みるごとができねぇんだげど、

あの煙のうえさば『ホシ』と呼ばれる、光りかがやく石っころが浮がんでるんだず。

それも一っつや二っつじゃねくて。千個、一万個、もっともっと」

「そんなバガなはなしがあるわげねぇべ。ウソっぱちだべ?」

「……おれの父っちゃが、その『ホシ』をみだんだ。

とおくの海さでたとぎにね、ある場所で、頭のうえの煙がねぐなって、

そごさば光りかがやぐ『ホシ』がいっぺぇ浮がんでらったんだって。

町のひとんどはだれも信じねぐて、父っちゃはうそつぎ呼ばわりされたまま死んでまったんだ。

だけど、父っちゃは『煙のうえさばホシがある』ってへってね、

ホシをみる方法をおれさ すかへでけだんだ」

ルビッチはくろい煙をみあげてへった。

「『信じぬぐべ。たとえひとりさ なっても』」

 

 

つぎの日、まちあわせ場所さ きたプぺルは、またくせぇかまりっこをだしていだった。

つぎの日も、そのまだつぎの日もそうです。

「プぺルの体は洗っても洗ってもくさぐなるな」

ルビッチは、くせぇくせぇと鼻をつまみながらも、まいにち体を洗ってけだった。

 

 

ある日のごど。

プぺルは、かわりはてた姿であらわれだった。

「どやしたの プぺル? いったいなんじょしたの?」

なんと、プぺルのひだり耳さついでいだゴミがとれでらった。

「おれがいると町がよごれるんだず」

「耳は聞げるのが?」

「いいや、ひだり耳からはなんも聞げなくなった。

ひだり耳のゴミがとれると、ひだり耳が聞こえねぐなるらしい」

「アントニオんどのしわざだべ。なんてひんでぇごどすんだ」

「おれはバケモノだから、しがだねぇべ」

 

 

つぎの日、ルビッチはアントニオんどにかごまれでしまった。

「おい、ルビッチ。デニスがかぜでたおれだんだ。

ゴミ人間がらもらったバイキンが原因じゃねえのが?」

「プぺルはちゃんと体洗ってら。バイキンなんてねぇ!」

「とんだうそこぎだな! きのうもあのゴミ人間はくせがったべよ。

んがの家は親子そろってうそつぎだ」

たしかにプぺルの体はいくら洗っても、つぎの日にはくさくなってだった。

ルビッチにはかえすことばがねがった。

「なんでゴミ人間なんかとあそんでんだ。空気よめ。おめぇもコッチさ来い」

 

 

かえりみち、トボトボとあるぐルビッチのとごろさプぺルがきたった。

「ねえ、ルビッチ。あそびさいぐべ」

「……まだくせぐなってるべな。そのせいで、おれはきょう、学校でイジメられだんだ。
いくら洗ってもくせぐなる んがの体のせいで!」

「ごめん、ルビッチ」

「もうおめぇどは会えね。もう んがどはあそばねぇ」

 

 

それがら、ふたりが会うことはねぐなりました。

プぺルはルビッチと会わねぐなってがら体を洗うこどもねぐなり、

ますますやばちねぐなってゆき、ハエがたがり、どんどんやばちねぐ、どんどんくせぐなっていったった。

プぺルの評判はわるぐなるいっぽうです。

もうだれもプぺルにちかづごうとはしねがった。

 

 

あるしずかな夜。

ルビッチのへやの窓がコツコツと鳴ったっけ。

窓さ目をやると、そごさば、すっかりかわりはでだプぺルの姿があった。

体はドスぐろく、かたほうの腕もねがった。

またアントニオんどさやられだんだべ。

ルビッチは いっそいで窓をあげだった。

「どやしだの、プぺル? おらんどはもう……」

「……イグベ」

「なにへってらんだっきゃ?」

「いぐべ、ルビッチ」

 

 

「ちょっとまで。どやしたってへってらの?」

「いそがねばねぇ。おれの命がとられるまえにいぐべ」

「どごさいぐのよ」

「いそがねば、いそがねば」

 

 

たどりついたのは、ひともよりつがねぇ砂浜。

「いぐべ、ルビッチ。さあ乗れ」

「なにへってらの。この船はこわれでらがら すすまねぇべよ」

おかまいなしにプぺルはポケットから大量の風船をとりだし、

ふうふうふう、と息をふきこみ、風船をふくらませます。

ふうふうふう、ふうふうふう。

「おいプぺル、なにしてらのよ?」

ふうふうふう、ふうふうふう。

「いそがねぇば。いそがねぇば。おれの命がとられるめぇに」

プぺルはふぐらませた風船を、ひとつずつ船さ むすびつけでいぎました。

 

 

船さば数百個の風船がとりつげられました。

「いぐよ、ルビッチ」

「どごさ?」

「煙のうえ」

プぺルは船をとめでいたロープをほどいで へった。

「ホシ みさいぐべ」

 

 

風船をつけだ船は、ゆっくりと浮がんでいきます。

「ちょっとだいじょうぶが、コレ !?」

こっただ高さがら町をみおろすのは、はじめでです。

町の夜景はとてもきれいでした。

「さあ、息をとめて。そろそろ煙のながさ はいるよ」

 

 

ゴオゴオゴオゴオ。

煙のながは、なにもみえねがった。たんだたんだまっくらです。

ゴオゴオず風の音さ まじって、プぺルのこえが聞けます。

「しっかりつかまるんだよ、ルビッチ」

うえさいげばいぐほど、風はどんどんつえぐなっていぎました。

 

 

「ルビッチ、うえみてみで。煙っこぬげるよ!目ぇ閉じだらわがねぇ」

ゴオゴオゴオオオオ。

 

 

「……父っちゃはうそつぎでねがった」

そこは、かぞえきれねぇほどの光でうめつぐされでいだった。

しばらぐながめ、そして、プぺルがへった。

「かえりはな、風船を船がらハズせばいいんだけど、いっけぇにハズしたら わがねぇよ。

いっけぇにハズせば急に落っこぢるがら、わんつがずづ、わんつがずづ……」

「なにへってらんだ、プぺル。いっしょにかえるんだべ?」

「おめぇどいっしょにいられるのは、こごまでだ。

おれはおめどといっしょに『ホシ』をみるごどがでぎてほにいがっだ」

 

 

「なにへってらんだ。いっしょにかえるべよ」

「あのなっす、ルビッチ。おめぇが失ぐしたペンダントを、ずっとさがしてらったんだ。

あのドブ川のゴミはゴミ処理場さながれつぐへんで、

きっと、そごさあるどおもってね」

 

 

「おれ、ゴミ山で生まれだゴミ人間だへんで、ゴミをあさるごどさは、なれでらんだ。

あの日がら、まいにぢゴミんながさがしだんだげど、ぜんぜんみつからねくて……。

十日もあれば、みつがるとおもったんだげど……」

 

 

「プぺル、そのせいでおめぇの体は……おれ、あれだけヒンデェごどしたったのに」

「なんも、かまねぇ。おめぇがはじめでおれさはなしかげで けだどぎ、

おれはなにがあってもおめの味方でいるべど決めだんだ」

ルビッチのまなぐがら涙がこぼれだった。

「それに、けっきょぐ、ゴミ処理場さばペンダントはねがった。

おれはバガっこだったよ。

おめが『なつがすねぇかまりっこする』ってへったどぎに気づくべぎだった」

プぺルは頭のオンボロ傘をひらぎました。

「ずっと、こごさあったんだ」

 

 

傘のながさ、銀色のペンダントがぶらさがっていだった。

「おめが探しでらったペンダントはコゴさあった。おれの脳ミソだ。

なつがすねぇかまりっこのしょうたいはコレだったんだね。

おれのひだり耳についでだったゴミがねぐなったどぎ、ひだり耳が聞けねぐなった。

同じように、このペンダントがねぐなったら、おれは動がねぐなる。

だけど、このペンダントはおめのものだ。おめどすごしだ時間、

おれはほんとにしあわせだったよ。ありがどなルビッチ、バイバイ……」

そうへって、プぺルがペンダントをひぎちぎろうとしたどぎです。

 

 

「わがねぇ!」

ルビッチがプぺルの手をつよぐつかみました。

「なにすんだっきゃ、ルビッチ。このペンダントはおめのものだ。

それに、このままおれが持ってでも、そのうちアントニオんどさ ちぎられで、

こんどこそほんとにねぐなってまう。

そしたらおめは父っちゃの写真をみることがでぎねぐなる」

「いっしょに逃げだらいがべよ」

「そったらバガなこど へるなよ。おれといっしょにいるどごみつかったら、

こんどはルビッチがなぐられるがもしれねぞ」

「かもねぇ。痛みはふたりでわげればいい。せっかぐふたりしていんだべよ」

 

 

「まいにぢ会うべプぺル。そやすれば父っちゃの写真っこもまいにぢみるごとでぎるべじゃ。

だすきゃ まいにぢ会うべ。まだ、まいにぢいっしょにあそぶべ」

ゴミ人間のまなぐがら涙がボロボロとこぼれだった。

ルビッチとまいにぢあそぶ……、それはなんだが、とおい昔がら願ってらったような、

そんなふしぎなきもぢさ なりました。

「プぺル、ホシはとてもきれいだね。つれできてげでありがとう。

おれはおめと出会えでほんとにいがったよ」

プぺルは照れくせぐなり、

 

 

「やめでルビッチ。はずがしいべじゃ」

そうへって、ひとさし指で鼻のしたをこすったのでした。

 

 

「……ごめん、プぺル。おれも気づぐのおせがった。そっか、……そっか。

ハロウィンは死んだひとの魂がけぇってくる日だったね」

「なんのこどだべ? ルビッチ」

「ハロウィン・プぺル、おめのしょうたいがわがったよ」

 

 

「会いさきてけだんだな、父っちゃ」

 

 

THE END
(とっとばれ)

 

 

【岩手県:県北地域担当】
 
佐藤宣子
【原作の購入はこちら】

前の記事

岩手県:沿岸地域

次の記事

岩手県:県南地域(花巻市)