兵庫県:播州弁

「信じぬくんや。たてぇひとりになったかて」

4000メートルの崖にかこまれて、よその世界を知らへん町があった。

町は、えんとつがぎょうさん。

そこらじゅうから煙があがって、頭ん上ごっつモックモク

朝から晩までモックモク。

えんとつの町に住んどぉやつらは、くろい煙にほりこまれ、

青い空を知らんねん。

かがやく星も知らへんねん。

 

 

町はいま、ハロウィンまつりのど真ん中。

魔よけの煙もいっしょんなって、いつもよかごっついモックモク。

あるとき、

夜空をかける配達屋が、煙をすうてせっこんで、

配達中の心臓を、うっかりおとしてもぉた。

さすがにまわりも見えへんし、どこいってもたかも、わからへん。

配達屋はちゃっちゃとあきらめて、夜んむこうへスタコラサッサ。

ドクドクドクドクドックドク。

えんとつの町のすみっこで、あの心臓が鳴っとる。

 

 

心臓は、町のはずれのゴミ山におっこった。

ドクドクごじゃいう心臓に ゴミがわやくそくっついて、ついに生まれたゴミ人間。

あたまはわやくちゃ、オンボロ傘。口からガスが、プスーハッハ。

ごっついきたないゴミ人間。ごっつぅくっさい人間。

耳ぃすましたら、とおぅから鐘ん音が聞こえてきよった。

どぉやら、わがのほかにもだれかおるらしい。

ゴミ人間はゴミ山をでた。

 

 

町いったらバケモンがぎょうさん。

「おぉ、 めっちゃへんなかっこしとぉやんけ」

ふりかえったら そこに立っとったんはナンキンのお化け。

「なんや自分?」

「地獄の業火をのみこんで、ハロウィンの夜をあやしぃてらす。

ワイの名はジャック・オー・ランタンじゃ!」

 

 

いろんなバケモンらがゴミ人間のとこによってきよった。

「イ~ヒッヒ、みんながビビる夜の支配者、魔女やで~」

「悪魔の科学者が生んだモンスター、フランケン様とはワテのこっちゃ」

「死ぬことをわせーた、うちはゾンビ」

みんなして、こない聞いてきよった。

「ほで 自分どないなっとん?」

「ワイ、ゴミ人間」

バケモンらはいっぺんに笑ろた。

 

 

バケモンのツレんなったゴミ人間は

「トリック・オア・トリート、トリック・オア・トリート。

おやつくれなわやくちゃすんで」と家々をまわり、

おとなたちからおやつをわけてもろた。

ほんで、じぶんよりちっこい子らには風船をくばってまわった。

ゴミ人間がふくらませた風船はぷかぷか浮かんで、こどもらは、ごっつよろこんだ。

「よっしゃ、つぎの家や。いこか、ゴミ人間」

 

 

あっちゃこっちゃまわって、バケモンらのポケットは、おやつでパンパンなった。

時計台の鐘が鳴って、みんな、去ぬ用意しだした。

ゴミ人間はツレのひとりにはなしかけた。

「ハロウィンおもろいなぁ。またあしたもやろ~や」

「なにぬかしとんねん、ゴミ人間。ハロウィンきょうまでやんけ」

そういうて、バケモンらはどんどんにマスクをほりだしはじめた。

ナンキンの中からは少年のアントニオが、

魔女ん中から少女のレベッカが、それぞれでてきよった。

なんや、みなバケモンのマネしとったんや。

 

 

「どないしょんねん。われも脱がんかいや、ゴミ人間」

「ほんまやん、そなけったいな恰好、あんたもいやちゃうん?」

レベッカがゴミ人間のドタマひっぱったときやった。

「あたたた」

 

 

「きっしょ!」

レベッカがでっかい声でわめいた。

「コイツ、仮装ちゃうやんけ!」

がきんちょ達はゴミ人間からサッとはなれてった。

「どっかいね、バケモン!」

「町からはよいね、ゴミ人間!海にながされてまえ!」

がきんちょ達はつぎつぎに、えげつい言葉でいちびった。

 

 

ゴミ人間のうわさはじきに町じゅうに広まりよった。

「ゴミ人間や」

「バケモンがでよった。」

ゴミ人間がはなしかけても、

「どっかいねや、ゴミ人間」「ニオイうつるがいや」

と、あいてにしてもらわれへん。

ゴミ人間はベンチにへたりこんで、プスーハッハとくっさいためいきはきよった。

そんときやった。

「自分がうわさのゴミ人間なん。ソレ、仮装ちゃうんけ?」

 

 

ふりかえったら、体じゅう“ススʺ まみれの子が立っとった。

そいつはゴミ人間のしょうたいを知ってもどっこもいきよらへん。

「おれは、えんとつそうじ屋のルビッチ。自分は?」

「……え、えっと」

「なまえないねやったらつけたええがな。せやなぁ、

……ハロウィンの日にでてったから、おまえのなまえはハロウィン・プぺルやな」

 

 

「ハロウィン・プぺル、おまえこんなとこでなんしょん?」

「だれもあそんでくれんねん」

プぺルがそないゆうたら、ルビッチはワハハとわろた。

「そらそやろ、プぺル。おまえ、きちゃないし、ほんでごっつくさいど」

「なにぬかっしょんねん。そないゆうルビッチかて、バリまっくろやんけ」

 

 

「いま、しごとのかえりやけぇ、こないススまみれやねん」

「えんとつそうじは、おとなのしごとちゃうんけ?」

「うち、おとんおらんから、オレがはたらかなあかんねん。

てか、そなくさかったらはみごされてあたりまえやで。うちの庭で体洗えや」

「え? ええのん?」

「オレも体あらわな家(うち)あがれんからな。ついでにおまえもあろたええやん」

「ルビッチはワイのこと、いやちゃうん?」

「なんやなつかしいニオイすんねん。オレがほかしたパンツでもまじってんちゃうんけ?」

 

 

ルビッチはプペルの体をすみずみまでええがいしてくれた。

よごれはきれぇにおちて、ニオイはだいぶマシんなった。

「ありがとう、ルビッチ」

「……せやけど、口くさー。息はいてみぃ」

プぺルは息をはいた。

「アハハ、めっちゃくっっさっ。プぺル、そらガスや。みがいてもあっかいや」

ふたりは、おそまでいっしょにおった。

 

 

「あんた、きょう、あのゴミ人間とあそんだん?」

「べっちょないで、おかん。プぺル、わるいやつちゃうで」

「そのいっちょがみはおとんゆずりやなぁ」

町んなかでひとりしかおらん漁師やったルビッチのおとんは、

きょねんの冬、波にいかれて、逝ってもた。

みっけたんは、ぼろくそにめげた漁船だけ。

こん町は、 海にバケモンがおるて信じられとぉから、海いくんがあかんかったけ、

せやから、町ん人らは 「んなもん、おどれのせいじゃ」てぬかしよった。

「なあ おかんはおとんのどこがよかったんけぇ?」

「恥ずかしがりでかわいとこもあったやん。ええことあったら

じきこないして人差し指で鼻ん下こすりょって」

 

 

あくる日ぃ、ルビッチは、えんとつんうえ、のぼった。

「こわっ、ルビッチ」

「べっちょない、べっちょない。ちゃんとつかまっときぃ。せやけどごっつい風くるから、ものおとさんようにきぃつけや」

「なんかおとしたことあるんけ?」

「おぅん……。おとんの写真はいった銀のペンダント。

おとん写真、あれしかあらへんのに、そこいらじゅうさらってもみつからんかったけー」

ルビッチはドブ川さしてゆうた。

「あのドブ川におちたんや」

 

 

「なぁ プペル『ホシ』って知っとぉけ?」

「ホシ?」

「こん町な、煙でわやなっとるやろ?せやけ、おれらにはみることできひんねんけど、

そのうえにな『ホシ』っちゅう、むっさひかっとぉ石みたいなやつが浮かんどんねん。

しかも一個や二個とちゃうで。千個 一万個 、ごっっつあんねん!」

「んなアホな話あっかいや。パチこきやろがぃ?」

「……オレのおとん、その『ホシ』見てん。

遠くの海んでたときな、どっかで頭んうえの煙がのうなって、

そこでな、バッチバチに光っとる「ホシ」が、むっさ浮かんどったんやって。

町ん人は誰も信じんくて、おとん パチこき呼ばわりされたまんま 死んでもたがいや

せやけど おとんは『煙ん上はホシがあるんや』いうてな、

ホシ見る方法、オレにおせーてくれてん」

ルビッチはくろい煙をみあげていいよった。

「『信じぬくんや。たてぇひとりになったかて』」

 

 

あくる日 待ち合わせんとこにきたプペルは、またくっさいニオイをかましとった。

あくる日も、そのまたあくる日もかましとった。

「プぺルの体は洗ても洗てもくそなんなあ」

ルビッチは、くっさいくっさいと鼻つまみながら、まいんち体をあろてくれた。

 

 

ある日のこと。

プペルはわやくちゃになった姿できよった。

「どないしょんど?プペル?」

えらいこっちゃ、プペルのひだりん耳についとったゴミがとれてもとる。

「ワイがおったら町がわやんなるらしいで」

「耳はええがいなんけ?」

「あかん、ひだり耳はなんも聞こえへん。

ひだり耳のゴミがのうなったら、ひだり耳が聞こえんようなるらしいわ」

「アントニオらのこっちゃな。どないごじゃしよんどい」

「ワイはバケモンやから、しゃあないわ」

 

 

あくる日、ルビッチはアントニオらにしばかれかけた。

「ダボ、ルビッチ。デニスが風邪でいかれとるがい。

ゴミ人間からもろたバイキンのせいちゃうんかい?」

「あいつ、ええがい体あろとるわいや。バイキンなんかあるかいや!」

「ごっつパチこいとるやんけ!きのうもあれ、くさかったがい。

おどれの家は親子そろってパチこきやんけ」

確かにプペルの体はどんだけあろても、あくる日にはくさなってもとった。

ルビッチはいいかえせんかった。

「なんでゴミ人間なんかとつるんどんねん。空気読めや。おどれもこっちゃこいや」

 

 

かえり トボトボあるくルビッチのとこにプペルがやってきょった。

「なぁ、ルビッチ。あそびんいこうや」

「……またくそなっとるやんけ。ごうわくわ。そやけ おれ今日 学校でしばかれたんじゃ、ダボ。 なんぼあろてもくそなる おまえの体のせいじゃ!」

「ごめん、ルビッチ」

「もうええわいや。うっとい。もうおまえとあそばん」

 

 

そっから二人が会うことはのうなった。

プペルはルビッチと会わんようなってから、体洗うことものうなって、

どんどん汚れてって、ハエたかって、どんどんばっちく、 バリバリくそなってきょった。

プぺルのウケはわるなるいっぽうやった。

もうだぁれもプぺルにちかづこうとせぇへん。

 

 

あるしずかな夜。

ルビッチのへやん窓がコツコツと鳴りょった。

窓見たら そこには、すっかりわやんなったプペルの姿があった。

体はドスぐろーて、かたっぽの腕ものうなっとる。

またアントニオらにいてこまされたんやろう。

ルビッチは急いて窓あけた。

「どないしてんプペル?おれらはもう、、」

「……いくで」

「はぁ?(なにをいってるんだい?)」

「いくで、ルビッチ」

 

 

「ちょぉまてや。 どないしてん?」 

「はよせな。ワイん命いかれる前にいくで」

「どこいくんけ」

「はよせな、はよせな」

 

 

行きついたんは、人もよりつかん砂浜。

「いくで、ルビッチ。はよ乗りや」

「なにぬかっしょんじゃ。この船、めげとるからいのっかいや」

きにせんとプペルはポッケからぎょーさん風船とって、

ふうふうふう、と息をふきこんで、風船をふくらまっしょる。

ふうふうふう、ふうふうふう。

「おいプペルー、なにしよんけ?」

ふうふうふう、ふうふうふう。

「はよせな、はよせな。ワイん命いかれる前に」

プペルはふくらました風船を、いっこずつ船にくくっていっきょった。

 

 

船には数百個の風船がくっつけられた。

「いくで ルビッチ」

「どこけ?」

「煙んうえや」

プペル は船をつないどったロープをほどいてゆうた。

「ホシみにいくで」

 

 

風船つけた船は そろーっと浮かんでいきよる。

「おい、 べっちょないんけ、コレ?」

こないな高さから町みおろすんは、はじめて。

町の夜景はごっつきれいやった。

「ほら、息止めや。ぼちぼち煙の中にはいんで」

 

 

ゴオゴオゴオゴオ。

煙んなかは、なんっもみえん。ひたっすらまっくらやった。

ゴオゴオという風の音とごっちゃんなって、プペルの声が聞こえてった。

「ええがいしがみついてや、ルビッチ」

上んいったらいっただけ、風はバリバリつよなっていっきょった。

 

 

「ルビッチ、うえ見てみぃ 煙ぬけんで ! 目ぇ閉めとったらあっかいや」

ゴオゴオゴオオオオ。

 

 

「……おとん、パチこきやなかった」

そこは、ごっつよーけの光でうめつくされとった。

ちょっとまながめ、そんで、プぺルがいうた。

「かえりはな、風船船からとったらえんやけど、いっぺんにとったらあかんで。

いっぺんにとったら急に落っこってまうから、いっこずつ、いっこずつ……」

「なにぬかしとんけ、プぺル。いっしょにかえんねやろが?」

「自分といっしょにおれんのは、ここまでや。

ワイは自分といっしょに『ホシ』みれてほんまよかったけー」」

 

 

「なにぬかしとるんじゃ いっしょにいのうや」

「あんな、ルビッチ。自分がうしのぉたペンダント、せんどまさがっしょったんよ。

あのドブ川のゴミはゴミ処理場に流れつっきょるから、

そやけ、そこにあるおもたけ」

 

 

「ワイ、ゴミ山で生まれたゴミ人間やけー、ゴミあさんの、なれとんや。

あの日から、まいんちゴミん中さがしとんやけど、ぜんっぜんみっからんくって……。

十日もありゃあ、見つかるおもてんけど……。」

 

 

「プぺル、そのせいでおまえの体は……オレ、あんなごじゃしたのに」

「かまへん。自分がはじめてワイにからんでくれたとき、

ワイはどないなっても自分の味方でおろうって決めたけー」

ルビッチの目から涙がこぼれてきょった。

「せやし結局 ゴミ処理場にペンダントなかったけー。

ワイはダボやった。

自分が『なつかしい匂いがしよる』いうたとき気づくんやった」

プぺルは頭のオンボロ傘をひろげた。

「ずっと、ここにあんねや」

 

 

傘んなかに 銀色のペンダントがぶらさがっとった。

「自分がさがっしょったペンダントここにあったけ。ワイの脳みそや。

なつかしいニオイの大元はコレやってんな。

ワイの左の耳についとったゴミがのうなったとき、ひだり耳が聞こえんくなったけー。

同じこっちゃで こんペンダントがのうなったら、ワイ動かんなる。

せやけど、こんペンダントは自分のんや。自分とおった時間、

ワイはむっさ幸せやったけ。ありがとールビッチ、ほな……」

そないうて、プぺルがペンダントをひきちぎろうとしたとき……

 

 

「あっかい!」

ルビッチがプペルの手をきつぅつかんだ。

「なんしょんど、ルビッチ。このペンダント、自分んやがい。

それに、このまんまワイがもっとっても、しらんとまにアントニオらにめがれて、

こんどこそホンマにのうなってまう。

そななったら自分、おとんの写真みれんなんで」

「いっしょ、逃げたらええやんけ」

「何ぬかしとんねん、ダボ。 ワイといっしょんとこめっかったら、

次、ルビッチがしばかれるかもしれんど」

「べっちょない。痛いんは二人でわけたらええんじゃ。んなもん、ふたりでおるんやけ」

 

 

「まいにち会おや、プぺル。ほならおとんの写真もまいんちみれんで。

ほやから、まいにち会おや。んで、まいにちいっしょにあそぼーな」

ゴミ人間の目から涙がボロボロ でてった。

ルビッチとまいんちあそぶて……、それってなんか、ごっつい昔からねごとったような、

そなけったいなきもちんなった。

「プぺル、ホシはめっさきれいやな。つれてきてくれてあんがとな。

オレはおまえと会えてバリよかったわ」

プペルはてれくそなって、

 

 

「やめんかいや ルビッチ。はずいやんけ」

そなゆうて、人差し指で鼻のした こすりょった。

 

 

「……わるいな、プぺル。オレも気づくんおそかったわ。せや、……せやな。

ハロウィンは仏さんの魂、もどってきよる日やったな」

「なんのこっちゃ?ルビッチ」

「ハロウィン・プぺル、おまえがなにもんかわかったわ」

 

 

「会いにきてくれてんなぁ、おとん」

 

 

THE END

 

 

【兵庫県:播州弁担当】
 
白坂 麗那
藤田 恵理奈
北村 英昭
<<スーパーバイザー>>
大西 一正
 
【原作の購入はこちら】

前の記事

鹿児島県:鹿児島弁

次の記事

長崎県:長崎弁(北部編)