青森県:津軽弁【朗読付】

朗読


※音声の読み込みに少し時間がかかるときがあります。ご了承下さい。

原稿

「すんずぬげよ。たどえなだげさなってまっても」

4000メートルの崖さかこまいで、そどの世界とば知らね町があった。

町はえんとつばし。

あっちゃこっちゃがら煙あがって、あだまのうえはモックモク。

朝からばげまでモックモク。

えんとつの町さ住むふとは、くれ煙さとじこめらいで、

あおい空ば知らねんず。

かがやく星ば知らねんず。

町はいま、ハロウィンまづりのさいちゅう。

魔よけの煙もあわさって、いつもよりよげモックモク。

あるどぎ、

夜空ばはっける配達屋さんが、煙ばすってむへでまって、
配達中の心臓ば、うっかりおどしてまった。

なもかもめねはんで、どさおぢだんだがなもわがね。

配達屋さんはすぐどあぎらめで、夜のむごうさスタコラサッサ。

ドグドグドグドグドグラドグラ。

えんとつの町のしまっこで、あの心臓が鳴ってらど。

 

 

心臓は、町のはずれのゴミ山さおぢでまった。

ドッグドグどあばれる心臓さ、ゴミがなんだかんだねっぱって、ついに生まいだゴミ人間。

あだまはバサバサ、かいでまた傘。口からガスこ、プスーハッハ。

がっぱどきたねゴミ人間。がっぱどくせゴミ人間。

耳ばすませば、とおぐから鐘の音っこ聞けできた。

どうやら、じぶんのほがにもだいがいるみてえだ。

ゴミ人間はゴミ山ば出はってった。

 

 

町さいったっきゃ、バゲモノだぢがウヨウヨど。

「なーや、なんぼまんだおがしかっこしてらばな」

ふりかえったっきゃ、そごさ立ってあったのはカボチャのオバケ。

「なーだだば?」

「地獄の業火ばのみこんで、ハロウィンの夜ばあやしぐてらす。
わの名はジャック・オー・ランタン!」

 

 

さまざまだバゲモノだぢがゴミ人間のどごさあづまってきた。

「イ〜ヒッヒ、みながおっかねってす、ばげの支配者、魔女だ〜」

「悪魔の科学者が生みだしたモンスター、フランケンさまってへばわのことだね」

「死ぬごどわすいだ、わはゾンビ」

みんなして、こう聞いでくる。

「んでや、な、なんだだば?」

「わはゴミ人間だ」

バゲモノだぢはどっと笑ってまった。

 

 

バゲモノだぢさかだったゴミ人間は

「トリック・オア・トリート、トリック・オア・トリート。

おやつよごさねばイタズラすど」と家々ばまわって、

おどなだぢからおやつばわけでもらった。

そいがら、じぶんよりちせわらはんどさは風船ばけでまわった。

ゴミ人間がふぐらませだ風船はぷかぷかど浮がんで、わらはんどは、がっぱどよろごんだ。

「よし、つぎの家だ。あべ、ゴミ人間」

 

 

あちゃこちゃまわって、バゲモノだぢのポッケは、おやつでいっぺさなった。

時計台の鐘っこ鳴って、みんな、もどるしたぐばはじめだ。

ゴミ人間はながまのひとりさ話しかけだ。

「ハロウィンつものはおもしえな。まんだあしたもやるべ」

「なにしゃべっちゃ、ゴミ人間。ハロウィンはきょうまでだね」

そうしゃべったっきゃ、バゲモノだぢはつぎつぎどマスクばぬぎはじめだ。

カボチャのなががらはおどごわらしのアントニオが、

魔女のなががらはおなごわらしのレベッカが、それぞれではってきた。

なんと、みんなはバゲモノの仮装してあった。

 

 

「なしたんずや、なもぬがなが、ゴミ人間」

「んだね、そったにきたね仮装、なもいやだべ?」

レベッカがゴミ人間のあたまばひっぱったどぎ。

「いでいでいでいでいで」

 

 

「わいはっ!」

レベッカがでったらだ声ばあげだ。

「な、仮装でねでば!」

わらはんどはゴミ人間からサッとはないだ。

「あっちゃいげバゲモノ!」

「町がらではってげ、ゴミ人間!海さながさいでまれ!」

わらはんどはつぎつぎど、きたね言葉ばあびせだ。

 

 

ゴミ人間のうわさはすぐに町じゅうさひろまった。

「ゴミ人間だ」

「バゲモノではった」

ゴミ人間がしゃべりかげでも、

「あっちゃいげ、ゴミ人間」「かまりっこうづる」

と、あいてさしてけねど。

ゴミ人間はベンチさこしかけで、プスーハッハどくせえためいきばこぼした。

ちょんどそのとぎ。

「なだなうわさのゴミ人間って。ソレ、仮装でねんだって?」

 

 

ふりむいだっきゃ、体じゅう“スス”だらけのおどごわらしが立ってあった。

おどごわらしはゴミ人間のしょうたいばわがっても逃げようどはさね。

「わは、えんとつそうじ屋のルビッチ。なは?」

「・・・・・・え、えっと」

「名めねんだばつければいいっきゃ。んだな、

・・・・・・ハロウィンの日にではってきたはんで、なの名めはハロウィン・プペルだな」

 

 

「ハロウィン・プペル、なこったらだどごでなにしてらば?」

「だもあそんでけねんずよ」

プペルがそうしゃべったっきゃ、ルビッチはワハハど笑ってあった。

「そりゃそんだべな。プペル。なだばきたねーし、あどがっぱどくせーもん」

「なんぼまんだなー。そうしゃべるルビッチだったって、まっくろけっけだべな」

 

 

「いまは、しごどのかえりだはんで、このとおりススだらけだあて」

「えんとつそうじは、おどなのしごとだべ?」

「おいでさとっちゃいねはんで、わが働がねばまねんだね。

それより、そったかまりっこだば、きらわれであだりめだ。おいの庭で体洗わなが」

「わいー。いんだな?」

「わも体洗わねば家さあがらいねはんで。ついでになも洗えばいいっきゃ」

「ルビッチはワばさげねな」

「なんだがなつかしいかまりっこすんだじゃ。わがなげだパンツでもまざってらんでねな?」

 

 

ルビッチはプペルの体ばまでに洗ってけだ。

よごれはきれんだにおぢて、かまりっこはたんげマシさなった。

「ありがとう、ルビッチ」

「・・・・・・んでも口くせな。息はいでみで」

プペルは息ばはいだ。

「アハハ、こいだばくせ。プペル、そいだばガスだじゃ。みがいだってムダだ」

ふたりは、おそぐまでいっしょにいだ。

 

 

「あんた、きょう、あのゴミ人間どあそんだの?」

「だいじょぶだって、かっちゃ。プペルはわりやづでねって」

「その好奇心だばとっちゃゆずりだな」

町でたんだひとりの漁師だったルビッチのとっちゃは、

きょねんの冬に波さのまいで、死んでまった。

みつかったのは、ボロボロのかいでまった漁船だげ。

こごの町でだば、海さ魔物がいるど信じられでで、海さ出はることば禁止されであったはんで、

町のふとだぢは「自業自得だね」ってしゃべってあった。

「なあ、かっちゃはとっちゃのどごいがったの?」

「照れ屋でめごいどごもあったべ。うれしいごとあれば、

すぐこやってひとさし指で鼻のしたばこすって」

 

 

つぎの日、プペルとルビッチは、えんとつのうえさあがった。

「おっかねじゃ、ルビッチ」

「ぎっつどたづまってれば、だいじょぶだね。したばって突風ふぐはんで、おどしものさ気つけでな」

「なにがおどしものばしたごとあるんず?」

「うん。とっちゃの写真っこはいった銀のペンダント。

とっちゃの写真っこはあれ一枚しかのごってねのに、さがしてもみつからねがったんず」

ルビッチはドブ川ばさしてしゃべった。

「あのドブ川さおぢだんだ」

 

 

「なあ、プペル、『ホシ』っておべでら?」

「ホシ?」

「この町は煙でおおわれでらべ?だはんでわんどさは、みることでぎねばって、

あのけむりのうえさは『ホシ』って呼ばいでら、光りかがやく石っころが浮がんでらんだ。

それもひとっつ、ふたっつじゃねくて。千個、一万個、もっとやもっと」

「そったバガだはなしあるもんだな。ウソだべ?」

「・・・・・・わのとっちゃが、その『ホシ』ばみだんだ。
とおぐの海さではったどぎに、ある場所で、頭のうえの煙がねぐなって、

そごさ光りかがやく『ホシ』がてっぺ浮かんであったんだど。

町のふとはだも信じねくて、とっちゃはうそつぎよばわりされだまま死んでまったんず。

したばって、とっちゃは『煙のうえさはホシがある』ってしゃべって、

ホシばみる方法ばわさしかへでけだんだよ。」

ルビッチはくれ煙ばみあげてしゃべった。

「『すんずぬげよ。たどえなだげさなってまっても』」

 

 

つぎの日、まぢあわせだ場所さきたプペルは、まんだくせかまりっこば出してあった。

つぎの日も、そのまんだつぎの日もんだった。

「プペルの体は洗っても洗ってもくせぐなるな」

ルビッチは、くせなくせなど鼻ばつまみながらも、まいにぢ体ば洗ってけだった。

 

 

ある日のごと。

プペルは、かわってまった姿であらわいだ。

「どしたんだばプペル?いったいなにあったんずや?」

なんと、プペルのひだり耳さついでだゴミがとれでら。

「わがいれば町が汚れるんだど」

「耳きけじゃーな?」

「なも、ひだり耳がらはなんも聞けねぐなった。

ひだり耳のゴミがとれでまれば、ひだり耳が聞けねぐなるみてだ」

「アントニオだぢのしわざだべ。なんぼひでえことすんずや」

「わはバゲモノだはんで、しかだねんだね」

 

 

つぎの日、ルビッチはアントニオだぢさかごまいでまった。

「おい、ルビッチ。デニスだっきゃかぜでたおいだんだ。

ゴミ人間がらもらったバイキンが原因だんでねが?」

「プペルはちゃんと体洗っちゃーね。バイキンだのねじゃ!」

「たいしたうそばついで!きなもあのゴミ人間くせがったぞ。

なの家は親子そろってうそしだな」

たしかにプペルの体はなんぼ洗っても、つぎの日にはくせぐなってだ。

ルビッチにはかえすことばがねがった。

「なしてゴミ人間だのどあそんでらんずや。空気よまなが。なもこっちゃ来い」

 

 

かえりみち、トボトボどあるぐルビッチのどごさプペルがやってきた。

「なあ、ルビッチ。あそびにいぐべし」

「・・・・・・まだくせぐなってらでばな、そのせいで、わはきょう、学校でイジメらいだんだ。
なんぼ洗ってもくせぐなる、なの体のせいで!」

「めやぐだ、ルビッチ」

「もうなどは会えねな。もうなどはあそばね」

 

 

それから、ふたりが会うことはねぐなった。

プペルはルビッチど会わねぐなってから体を洗うこともねぐなって、

ますますよごいでまって、ハエっこたがって、どんどんきたねぐ、どんどんくせぐなっていった。

プペルの評判は悪くなるばし。

もうだもプペルさ近づごうとはさね。

 

 

あるしずかだばげ。

ルビッチのへやの窓がコツコツど鳴った。

窓ばみだっきゃ、そごさ、がっぱどかわってまったプペルの姿があった。

体はドスぐろぐ、かだほの腕もね。

まんだアントニオだぢさやらいだんだびょん。

ルビッチはあわてで窓ばあげだ。

「どしたんだば、プペル? わんどはもう・・・・・・」

「・・・・・・アベ」

「なにしゃべっちゃ?」

「あべ、ルビッチ」

 

 

「ちょっとまでって。なしたってや?」

「いそがねば。わの命とらいるまえにいぐべ」

「どさいぐんずや」

「いそがねば、いそがねば」

 

 

たどりついだのは、ふともよりつがね砂浜。

「あべ、ルビッチ。さあ乗りへ」

「なにしゃべっちゃんずや。この船だっきゃ、かいでらはんですすまねんだよ」

おかまいなしにプペルはポッケがらてっぺど風船ばだして、

ふうふうふう、ど息ばふきこみ、風船ばふぐらませでら。

ふうふうふう、ふうふうふう。

「おいプペル、なにしちゃ?」

ふうふうふう、ふうふうふう。

「いそがねば。いそがねば。わのいのちがとらいるまえに」

プペルはふぐらませだ風船ば、ひとっつずつ船さ結びつけでいった。

 

 

船さは数百個の風船がとりつけらいだ。

「いぐよ、ルビッチ」

「どさ?」

「煙のうえ」

プペルは船ばとめでいだロープばほどいでしゃべった。

「ホシば見にいぐべ」

 

 

風船ばつけだ船は、ゆっくりど浮がんでいぐ。

「ちょっとだいじょうぶだんず、コレ!?」

こった高さがら町ばみおろすのは、はじめでだ。

町の夜景はがっぱきれいだった。

「さあ、息ばとめで。そろそろ煙のながさはいるよ」

 

 

ゴオゴオゴオゴオ。

煙のながは、なもかもめね。たんだまっくらだもんでね。

ゴオゴオってす風の音っこさまんざって、プペルのこえが聞ける。

「ぎっつどたづまってれよ、ルビッチ」

うえさいげばいぐほど、風はどんどんつえぐなっていった。

 

 

「ルビッチ、うえばみでみれ。煙ばぬげるよ!まなぐばつぶればまねよ」

ゴオゴオゴオオオオ。

 

 

「・・・・・・とっちゃはうそつぎでねがった」

そごは、かぞえきれねえほどの光でうめつくされでいだ。

しばらくながめで、そして、プペルがしゃべった。

「かえりは、風船ば船がらハズせばいいんだばって、いだでにハズせばまねよ。

いっきにハズせば急に落ぢでまるはんで、ひとっつずつ、ひとっつずつ・・・・・・」

「なにしゃべっちゃんず、プペル。いっしょにかえるんだべ?」

「などいっしょにいるんずは、ここまでだ。

わはなどいっしょに『ホシ』ばみることがでぎでほんとにいがったよ」

 

 

「なにしゃべっちゃんずや。いっしょにかえるべ」

「あのさ、ルビッチ。ながねぐしたペンダントば、ずっとさがしたったんず。

あのドブ川のゴミはゴミ処理場さながれつぐはんでさ、

きっと、そごさあるどおもってさ」

 

 

「わは、ゴミ山で生まれだゴミ人間だはんで、ゴミばかますことさだば、なれっこだ。

あの日がら、まいにちゴミのながば探してあったんだばって、なんもみつかんねくって・・・・・・。

十日もあれば、みつかるどおもったんだばって・・・・・・」

 

 

「プペル、そのせいでなの体は・・・・・・わは、あったにひでことばしたんずに」

「けねけね。ながはじめてわさはなしかげできてけだどぎ、

わはなにがあってもなの味方でいよって決めたんだ」

ルビッチのまなぐがら涙っここぼいだ。

「それに、けっきょぐ、ゴミ処理場さペンダントはねがった。

わはバガだったじゃ。

なが『なつかしいかまりっこする』っていったどぎに気づくべきだったじゃ」

プペルは頭のかいでまた傘をひらいだ。

「ずっと、こごさあったんだ」

 

 

傘のながさ、銀色のペンダントがぶらさがってだ。

「なが探していだペンダントはコゴさあった。わの脳ミソだ。

なつかしいかまりっこのしょうたいはコレだったんだな。

わのひだり耳さついでだゴミがねぐなったとぎ、ひだり耳聞けねぐなった。

そいどふとずで、このペンダントねぐなれば、わは動がねぐなる。

したばって、このペンダントは、なのもんだ。などすごした時間、

わはほんとにしあわせだったよ。ありがとうルビッチ、へばな・・・・・・」

そうしゃべって、プペルがペンダントばひきちぎろうとしたどぎ。

 

 

「まね!」

ルビッチがプペルの手ばぎっつどつかんだ。

「なにすんずや、ルビッチ。このペンダントは、なのもんだ。

それに、このままわが持ってでも、そのうぢアントニオだぢさちぎらいで、

こんどこそほんとにねぐなってまる。

したらなはとっちゃの写真っこばみることがでぎねぐなってまる」

「いっしょずに逃げればいいっきゃ」

「バガなことしゃべるなじゃよ。わどいっしょずにいるどごみつかれば、

こんどはルビッチがなぐらいるがもしれねど」

「なもだよ。痛みはふたりでわげればいい。せっかぐふたりいるんだね」

 

 

「まいにぢ会うべしプペル。そせばとっちゃの写真っこもまいにぢみることできるでばし。

だはんでまいにぢ会うべし。まだ、まいにぢいっしょずにあそぶべし」

ゴミ人間のまなぐがら涙がボロボロとこぼいだ。

ルビッチとまいにぢあそぶ・・・・・・、それはなんだが、とげ昔がら願っていだような、

そんなふしぎなきもぢさなった。

「プペル、ホシはたんげきれいだな。ついできてけでありがとう。

わはなど出会えでほんとにいがったよ」

プペルは照れくさぐなって、

 

 

「やめろじゃルビッチ。めぐせじゃ」

そうしゃべって、ひとさし指で鼻のしたばこすった。

 

 

「・・・・・・わりぃ、プペル。わも気づくのおそがった。んだ、・・・・・・んだねな。

ハロウィンは死んだふとの魂っこかえってくる日だもな」

「なんのことだば?ルビッチ」

「ハロウィン・プペル、なのしょうたいわがったじゃ」

 

 

「会いにきてけだんだね、とっちゃ」

 

 

とっつぱれ

 

 

【青森県:津軽弁担当】
 
【朗読担当】
尾野 愛
【方言翻訳担当】
Kasumi Kakizaki
Miho Oda
Yuko Kanazawa
尾野 愛
太田 静
木下 ちほ
Saeko Ota
【原作の購入はこちら】

前の記事

熊本県:熊本弁【朗読付】

次の記事

東京都:ギャル語【朗読付】