山梨県:甲州弁

「信じろし!たとえおまんだけになっても」

4000メートルの崖にかこまれ、そとの世界を知らん町があっただと。 町はえんとつばっか。 そけえらから、けぶがあがって、あたまのうえはモックモク。 いちんちじゅうモックモク。

えんとつの町に住むしんとーは、くろいけぶにとじこめられて、
あえぇ空を知らんじゃん。 かがやく星を知らんじゃん。

 

 

町はいま、ハロウィンまつりのまっただなか。

魔よけのけぶもたさって、いつもんよりモックモク。

あるとき、

夜空をとぶ配達屋が、けぶをすってせっこんで、

配達中の心臓を、うっかりおっことしちまっただと。

さすがに視界はこのわるさ、どけぇおっこったか、いっさらわからんじゃんけ。

配達屋はさっさとあきらめて、夜のむこうへスタコラサッサ。

ドクドクドクドクドックドク。

えんとつの町のはじっこで、あの心臓が鳴ってるじゃんけぇ。

 

 

心臓は、町のはずれのゴミ山におっこっただと。

ドクドクあばける心臓に、ゴミがあれこれひっついて、ついに生まれたゴミ人間。

あたまはバサバサ、ボッコ傘。口からガスが、プスーハッハ。

しゃらっきたねぇゴミ人間。えれぇくせぇゴミ人間。

耳をすますと、とおくから鐘の音が聞こえてくるさねぇ。

どうも、てめぇのほかにもだれかいるようさぁ。

ゴミ人間はゴミ山をでたっちゅうよ。

 

 

町にいくと、バケモンっとうがウヨウヨ。

「て!えれぇおかしなかっこうをしてるじゃんけぇ」

ふりけぇると、ほこにつっ立ってるのはカボチャのオバケ。

「なんでぇおまんは?」

「地獄の業火をのみこんで、ハロウィンの夜をあやしくてらす。

おれの名はジャック・オー・ランタン!」

 

 

いろんなバケモンっとうがゴミ人間のとけぇによっちゃっばってきとぉ。

「イ〜ヒッヒ、みなのしがおっかながる夜の支配者、魔女だっちゅうこん」

「悪魔の科学者が生みだしたモンスター、フランケンさまとはおれのことずら」

「おっちぬことをわすれた、おれはゾンビ」

みなのしそろって、こう聞いてきたさよぉ。

「ふんでおまんはいってぇ、なにモンでぇ?」

「おれはゴミ人間ずら」

バケモンっとうはいっせいに笑ったさねぇ。

 

 

バケモンっとうのなかまにへぇったゴミ人間は

「トリック・オア・トリート、トリック・オア・トリート。

おぶっく、くれんとよたっことするぞ」とそこいら中の家をまあり、

おとなしから、おぶっくをわけてもらったさねぇ。

ふんで、てめぇよりちっけぇぼこんとうには風船をくれてまあったさ。

ゴミ人間がふくらませた風船はぷかぷか飛んで、ぼこんとうは、しゃらよろこんださねぇ。

「いいじゃんけぇ、つぎんちに、いかざあ、ゴミ人間」

 

 

あちこちまあって、バケモンっとうのポケットは、おぶっくでいっぱいになっただっちゅうよ。

時計台の鐘が鳴って、みなのし、けぇるしたくをおっぱじめたじゃん。

ゴミ人間はなかまのひとりにはなしかけたさねぇ。

「ハロウィンはたのしいじゃんけぇ。またあしたもやるけぇ」

「なにょうこくでぇ、ゴミ人間。ハロウィンはきょうまでずら」

ほおゆうと、バケモンっとうはつぎつぎにマスクをぬぎっぱじめたっちゅうよ。

カボチャのなかっからは、おとこのぼこのアントニオが、

魔女のなかっからは、おんなのぼこのレベッカが、それぞれでてきたっちゅうよ。

てっ!ぼこんとうはバケモンの仮装をしてたっちゅうよ。

 

 

「どうしたでぇ、おまんもぬげし、ゴミ人間」

「ほうだよ、そんなにしゃらっきたねぇ仮装、おまんもいやずら?」

レベッカがゴミ人間のあたまをひっこくったとき。

「いてててて」

 

 

「キャアア!」

レベッカがでっけえ声をあげただっちゅうよ。

「コイツ、仮装じゃねぇじゃん」

ぼこんとうはゴミ人間からサッとはなれただっちゅうこん。

「あっちいけしぃバケモン!」

「町からでてけしぃ、ゴミ人間!海にながされろし!」

ぼこんとうはつぎつぎに、きたねぇことばをあびせただっちゅうよ。

 

 

ゴミ人間のうわさは、じきに町じゅうにひろまったさねぇ。

「ゴミ人間ずら」

「バケモンがあらわれたっちゅうこん」

ゴミ人間がはなしかけても、

「あっちへいけしぃ、ゴミ人間」「ニオイがうつるらに」

と、あいてにしてくれんさ。

ゴミ人間はベンチにしゃがんで、プスーハッハとくせぇためいきをへぇただと。

ほんとき。

「おまんがうわさのゴミ人間か。ほりゃぁ、仮装じゃねえずら?」

 

 

ふりけぇると、体じゅう“スス” だらけのぼこが立っていたさぁ。

ぼこはゴミ人間のしょうたいを知ってもにげようとしんかっただと。

「おれは、えんとつそうじ屋のルビッチ。おまんは?」

「……え、えっとぉ」

「なめぇがねぇじゃあつけりゃあいいらに。ほうさねぇ、

……ハロウィンの日にあらわれとぅだから、おまんのなめぇはハロウィン・プぺルにしろしね」

 

 

「ハロウィン・プぺル、おまんはこんなところでなにょうしてるで?」

「だぁれもあそんでくれんさね」

プぺルがほうゆうと、ルビッチはワハハとわらっただと。

「ほりゃほうずらに、プぺル。おまんはしゃらっきたねぇし、ほれにすげぇいなにおいじゃんけぇ」

「しえぇこんいうだね。ほんなこんいうルビッチこそ、まっくろけじゃんけぇ」

 

 

「いまは、しごとのけぇりさね、このとおりススだらけさぁ」

「えんとつんそうじは、おとなしのしごとずら?」

「ウチには父ちゃんがいねぇから、おれがはたらかんきゃならんさぁ。

ほれよか、ほんなニオイじゃ、きらわれてあたりめぇさよぉ。うちの庭で体を洗えし」

「え?いいだけ?」

「おれも体を洗わんきゃ家にあげてもらえんしねぇ。ついでにおまんも洗えし」

「ルビッチはおれをさけんねぇ」

「どういうこんだか、なつかしいニオイがするっちゅうこん。おれがぶちゃったパンツでもまじってんじゃねぇけ?」

 

 

ルビッチはプぺルの体をはじっこまで洗ってくれただとぉ。

よごれはきれいにおっこちて、ニオイはめぇよりマシになっただと。

「わりぃこんじゃん、ルビッチ」

「……でも口がしゃらくせぇじゃんけぇ。息をへぇてみろし」

プぺルは息をへぇてみただと。

「アハハ、ふんとにしゃらくせぇ。プぺル、ほりゃぁガスずら。みがいたってムダだっちゅうこん」

ふたりは、おそくまでつれだっていただと。

 

 

「おまん、きょう、あのゴミ人間とあそんだだけ?」

「でぇじょうぶさね、母ちゃん。プぺルはわりぃもんじゃねぇさ」

「ほの好奇心は父ちゃんゆずりじゃんねぇ」

町でただひとりの漁師だったルビッチの父ちゃんは、

きょねんの冬に波にのまれ、うっちんじまっただよ。

みつかったのは、ボッコになった漁船だけじゃん。

この町では、海には魔物がいるっちゅうこんで、海にでることを禁止されてただにぃ、

町のしは「自業自得じゃんね」といってただと。

「ねえ、母ちゃんは父ちゃんのどけぇよかったで?」

「照れ屋でかわいいところもあったじゃんね。うれしいことがあると、

じきにこうやってひとさし指で鼻のしたをこしって」

 

 

つぎの日、プペルとルビッチは、えんとつのうえにのぼっただとぉ。

「おっかねぇー、ルビッチ」

「ちゃんとかじりついてれば、へいきずら。ふんだけど、とっぴょうしもねぇ風がふくから、おとしもんには気をつけろしね」

「なんかおとしもんしたことあるだけぇ?」

「うん。父ちゃんの写真がへえった銀のペンダント。

父ちゃんの写真はあれ一枚しかのこっていんだに、さがしてもめっからんさぁ」

ルビッチはドブ川をさしていっただと。

「あのドブ川におっこっちまった」

 

 

「ねえ、プぺル、『ホシ』って知ってるけ?」

「ホシ?」

「この町はけぶでおおわれてるら?ふんだからおらんとうには、みえんけんど、

あのけぶのうえには『ホシ』っちゅう、光りかがやく石っころが浮かんでるだと。

ほれも一個や二個じゃねぇだと。千個、一万個、もっともっと」

「そんなばかっこんあるんだけぇ。うそずら?」

「……おれの父ちゃんが、ほの『ホシ』をみただと。

とおくの海にでたら、あるとこで、頭のうえのけぶがなくなって、

ほこに光りかがやく『ホシ』がてぇへん浮かんでいただとぉ。

町のしはだれも信じてくれんで、父ちゃんは、うそつき呼ばわりされたまんまうっちんじまったさぁ。

ほんでも、父ちゃんは『けぶのうえにはホシがある』って、

ホシをみる方法をおれにおしえてくれただよ」

ルビッチはくろいけぶをみあげていったっちゅうこん。

「『信じろし!たとえおまんだけになっても』」

 

 

つぎの日、まちあわせ場所にきたプぺルは、またくしぇえニオイをだしてただとぉ。

つぎの日も、そのまたつぎの日もそうだとぉ。

「プぺルの体は洗っても洗ってもくさくなるじゃんね」

ルビッチは、くしぇくしぇと鼻をつまみながらも、まいんち体を洗ってくれただっちゅうよ。

 

 

ある日のこと。

プペルはかわりはてた姿であらわれただと。

「どうしたでぇプペル?いったいなにがあったでぇ?」

て!プペルのひだり耳についてたゴミが取れてるじゃん!

「おれがいると町がしゃらきたにゃぁちゅうんだぁ。」

「耳は聞こえるのけ?」

「いやぁ、ひだり耳からはなぁんも聞こえんさぁ。

ひだり耳のゴミが取れると、ひだり耳が聞こえんくなるっちゅうじゃん。」

「アントニオたちのしわざずら。なんちゅうひでぇこんするだぁ」

「おらはバケモンだからしょうがねぇずら」

 

 

つぎの日、ルビッチはアントニオたちにかこまれちまっただと。

「やい、ルビッチ。デニスがかぜでぶったおれちまったじゃんけ。

ゴミ人間からもらったバイキンのせいずら?」

「プぺルはちゃんと体を洗ってるさよぉ。バイキンなんてねぇずら!」

「えりゃあうそつきじゃん! きのうもあのゴミ人間はくさかったじゃねぇかぁ。

おまんの家は親子そろってうそつきじゃんけ」

たしかにプぺルの体はいくら洗っても、つぎの日にはくさくなっていただって。

ルビッチにはけぇすことばがねぇずら。

「どぉいでゴミ人間なんかとあそんでるでぇ。空気をよめし。おまんこっちんこうし」

 

 

けぇりみち、トボトボあるくルビッチんとけぇ、プぺルがきただと。

「ねえ、ルビッチ。あそびにいかざあ」

「……またくさくなってるじゃんけ。そのせいで、おれはきょう、学校でかまわれたじゃん。いくら洗ってもくさくなるおまんの体のせいっちゅうこん!」

「わりぃじゃんねぇ、ルビッチ」

「もうおまんとは会えん。もうおまんとはあそばんじゃん」

 

 

ほれから、ふたりは会わなくなっちまっただと。

プぺルはルビッチと会わなくなっちまってから体を洗うこともなくなっちまって、

ますますよごれてゆき、ハエがたけぇって、めたきたなく、めたくさくなっちまった。

プぺルの評判はわるくなりっぽぉけぇだ。

もうだれもプぺルにちかづかなんだ。

 

 

あるしずかな夜。

ルビッチのへやの窓がコツコツ鳴っただと。

窓に目をやると、そこには、すっかりかわりはてたみぐさいプぺルの姿があったっちゅうよ。

体はドスぐろく、かたっぽうの腕もなくなっちまった。

またアントニオたちにかまわれたにちげぇねぇ。

ルビッチはせっこんで窓をあけただと。

「どうしたでぇ、プぺル?おらんとうはもう……」

「……いかざあ」

「なにょういってるでぇ?」

「いかざあ、ルビッチ」

 

 

「ちょっとまてし。どうしたでぇ?」

「せっこまにゃあ。おれの命がとられるまえにいかざあ」

「どけぇいくずら」

「せっこまにゃあ、せっこまにゃあ」

 

 

たどりついたのは、ひともよりっつかねぇ砂浜。

「いかざあ、ルビッチ。さあ乗れし」

「だっちもねえこんいっちょし。この船はこわれてるからすすまんっちゅうこんずら」

それにはかまわんで、プぺルはポケットから大量の風船をとりだし、

ふうふうふう、と息をふきこみ、風船をふくらませたっちゅうこん。

ふうふうふう、ふうふうふう。

「おいプぺル、なにょうしてるでぇ?」

ふうふうふう、ふうふうふう。

「せっこまにゃあ。せっこまにゃあ。おれの命がとられちもうまえに」

プぺルはふくらました風船を、ひとつずつ船にむすびつけていっただってぇ。

 

 

船には数百個の風船がとりつけられだとぉ。

「いかざあ、ルビッチ」

「どけぇ?」

「けぶのうえ」

プぺルは船をとめていたロープをほどいていっただとぉ。

「ホシをみにいくじゃんね」

 

 

風船をつけた船は、ゆっくりと浮かんでいってるじゃん。

「ちょっとでぇじょうぶずらか、コレ!?」

こんな高さから町をみおろすのは、はじめてじゃん。

町の夜景はすげえきれいじゃんね。

「さあ、息をとめろし。そろそろけぶのなかにはいるじゃん」

 

 

ゴオゴオゴオゴオ。

けぶのなかは、いっさら見えんじゃんね。ただただまっくらじゃん。

ゴオゴオっちゅう風の音にまじって、プぺルのこえが聞こえるだってぇ。

「しっかりつかまれし、ルビッチ」

うえにいきゃあいくほど、風はめたつよくなっていっただとぉ。

 

 

「ルビッチ、うえをみてみろし。けぶをぬけるさよ!目をつぶっちょし」

ゴオゴオゴオオオオ。

 

 

「……父ちゃんはうそつきじゃぁなかったじゃん」

そこは、かぞえきれにゃあほどの光でうめつくされてたっちゅうこん。

ちっとの間ながめ、ほんで、プぺルがいっただってぇ。

「けぇるとき、風船を船からハズしゃあいいんだけんど、いっぺんにハズしちょし。

いっぺんにハズすと急に落っこっちもーから、ひとつずつ、ひとつずつ……」

「だっちもねえこんいっちょし、プぺル。いっしょにけぇるずら?」

「おまんとつれだっていられるのは、ここまでだぁ。

おれはおまんとつれだって『ホシ』をみれてすげえよかったっちゅうこん」

 

 

「だっちもねえこんいっちょし。いっしょにけぇるずら」

「あんなあ、ルビッチ。おまんがうっぱしたペンダントを、ずっとさがしていたさよぉ。

あのドブ川のゴミはゴミ処理場にながれっつくから、

きっと、そこにあらあ」

 

 

「おれ、ゴミ山で生まれたゴミ人間じゃんかぁ、ゴミをあさることにゃあ、なれっこじゃん。

あの日っから、まいんちゴミのなかをさがしただけんど、ぜんぜんめっからんだよぉ……。

十日もありゃあ、めっかるとおもっただけんど……」

 

 

「プぺル、そのせいでおまんの体は……おれ、あんだけひでぇことをしちまっただよぉ」

「いいさよぉ。おまんがはじめておれにはなしかけてくれたとき、

おれはなにがあってもおまんの味方でいようと決めただよぉ」

ルビッチの目から涙がおっこぼれた。

「ほんで、けっきょく、ゴミ処理場にはペンダントはなかったじゃん。

おれはおバカっちょだったっちゅうこんずら。

おまんが『なつかしいニオイがするじゃん』っつったときに気づきゃあよかっただよ」

プぺルは頭のボッコ傘をひらいた。

「ずっと、ここにあっただよ」

 

 

傘のなかに、銀色のペンダントがぶらさがってたじゃん。

「おまんが探していたペンダントはココにあった。おれの脳ミソだ。

なつかしいニオイのしょうたいはコレだったっちゅうこんずら。

おれのひだり耳についてたゴミがうっぱしったとき、ひだり耳が聞こえなくなっちまっただよぉ。

同じように、このペンダントがうっぱしったら、おれは動かなくなるずら。

だけんど、このペンダントはおまんのもんじゃんけ。おまんとすごした時間、

おれはほんとうにしあわせだったじゃん。ありがとうルビッチ、ふんじゃあまた……」

ほういって、プぺルがペンダントをひっちぎろうとしたら。

 

 

「よせし!」

ルビッチがプぺルの手をひっつかみました。

「なにょうするでぇ、ルビッチ。このペンダントはおまんのもんずら。

それに、このまんまおれが持ってたって、ほのうちアントニオらにひっちぎられて、

こんどこそほんとうにうっぱしっちもう。

そうしたらおまんは父さんの写真をみれんじゃんね」

「いっしょに逃げりゃあいいじゃん」

「だっちもねえこんいっちょし。おれとつれだってるところをみられちまったら、

こんどはルビッチがぶっさらわれちもーぞ」

「いいさよぉ。痛みはふたりでわけりゃいいじゃん。せっかくふたりでいるんじゃんけ」

 

 

まいんち会うじゃんプぺル。そうすりゃあ父ちゃんの写真もまいんちみれるじゃん。

だからまいんち会うじゃん。また、まいんちつれだってあそぼう」

ゴミ人間の目から涙がボロボロとおっこぼれただとぉ。

ルビッチとまいんちあそぶ……、そりゃあなんだか、とおい昔っから願ってたみてぇな、

ほんなおかしなきもちになっただってぇ。

「プぺル、ホシはすげえきれいじゃんね。つれてきてくれてありがとごいす。

おれはおまんと出会えてほんとうによかったずら」

プぺルは照れっくさくなり、

 

 

「やめろしぃルビッチ。こっぱずかしいじゃねぇかぁ」

ほういって、ひとさし指で鼻のしたをこしっただと。

 

 

「……わりぃじゃんね、プぺル。おれも気づくのがおそかったじゃんね。ほーけー、……ほーけー。

ハロウィンはうっちんじまったひとの魂がかえってくる日っちゅうこんずら」

「なんのこんでぇ? ルビッチ」

「ハロウィン・プぺル、おまんのしょうたいがわかったさよぉ」

 

 

「会いに来てくれたっちゅうこんずら、父ちゃん」

 

 

THE END

 

 

【山梨県:甲州弁担当】
 
石原京子
Letter Pot
横小路吉美
Letter Pot
たんざわゆみこ
和田定夫
Letter Pot
和田みづ穂
【原作の購入はこちら】

前の記事

大阪府:大阪弁【朗読付】

次の記事

熊本県:熊本弁【朗読付】