岩手県:沿岸地域

「信じぬぐべ。なんぼひとりさなっても」

4000メートルの崖さかごまれで、そどの世界ば知らねえ町があったんだっけ。

町はえんとつばっかり。

そごらじゅうがら煙があがって、あだまのうえはモックモク。

朝っから晩までモックモク。

えんとつの町さ住むひとは、くろい煙さとじごめられで、

あおい空ば知らねえのさ。

かがやく星ば知らねえのさ。

 

 

町はいま、ハロウィンまつりのまっただなか。

魔よけの煙もたささって、いっつもいじょうにモックモク。

あるどき、

夜空ばはせでまわる配達のひとが、煙すってせきこんでがらに、

配達中の心臓ば、うっかりおどしてしまったんだっけ。

さすがに視界はこのわるさだべ、どこさおぢだがわがんねんだっけ。

配達のひとはあぎらめでがらに、夜のむこうさスタコラサッサ。

ドクドクドクドクドックドク。

えんとつの町のすみっこで、あの心臓が鳴ってんのさ。

 

 

心臓は、町のはずれのゴミ山さおぢだんだっけ。

ドクドクあばれる心臓さ、ゴミがあれこれくっつがさって、ついに生まれたゴミ人間。

あだまはバサバサ、オンボロ傘。口がらガスが、プスーハッハ。

すんげえきたねえゴミ人間。すんげえくせえゴミ人間。

耳ばすますと、とおぐがら鐘の音が聞こえてきたんだっけ。

どうやら、じぶんのほがにもだれがいるようなんだっけ。

ゴミ人間はゴミ山ばでだのさ。

 

 

町さいぐど、バケモノがどおがウヨウヨ。

「ざ、ずいぶんおがしねえかっこうしてんな」

ふりかえっと、そごさ立ってだのはカボチャのオバケ。

「なんだおめさんは?」

「地獄の業火ばのみこんでがらに、ハロウィンの夜ばあやしくてらす。

オレの名はジャック・オー・ランタン!」

 

 

いろんなバケモノがどおがゴミ人間のところさあつまってきたんだっけ。

「イ〜ヒッヒ、みんながおっかながる夜の支配者、魔女だよ〜」

「悪魔の科学者が生みだしたモンスター、フランケンさまとはオレのこった」

「死ぬごどわせだ、わだしはゾンビ」

みんなしてがら、こう聞いでくんだっけ。

「ところでおめさんはいったい、なにモノだ?」

「オラはゴミ人間だ」

バケモノがどおはいっせいに笑ったのさ。

 

 

バケモノがどおのながまさたささったゴミ人間は

「トリック・オア・トリート、トリック・オア・トリート。

おやつばよごさねえどイタズラすっぞ」と家々ばまわり、

おどながどおがらおやつばわけてもらったんだっけ。

そして、じぶんよりちゃっけえわらすがどおさは風船ばけでまわったのさ。

ゴミ人間がふくらませだ風船はぷかぷか浮がんで、わらすどおは、おおよろこび。

「よし、つぎの家だ。いぐべ、ゴミ人間」

 

 

あっちこっちまわって、バケモノがどおのポケットは、おやつでいっぺえになったんだっけ。

時計台の鐘が鳴り、みんな、かえりじたくばはじめんだっけ。

ゴミ人間はながまのひとりさはなしかげだんだっけ。

「ハロウィンはおもっせえな。まだあしたもやっぺしね」

「なにしゃべってのよ、ゴミ人間。ハロウィンはきょうまでだべや」

そうしゃべっつうど、バケモノがどおはつぎつぎにマスクばぬぎはじめんだっけ。

カボチャのなががらはおどごわらすのアントニオが、

魔女のなががらはおなごわらすのレベッカが、それぞれでてきたんだっけ。

なんと、みんなはバケモノの仮装ばしてだのさ。

 

 

「なんじょしたのよ、おめえもぬげや、ゴミ人間」

「んだよ、そんなにきたねえ仮装、あんたもやんたべ?」

レベッカがゴミ人間のあだまばひっぱったどぎでした。

「いでででで」

 

 

「キャアア!」

レベッカがでっけえ声ばあげだんだっけ。

「コイツ、仮装でねえ!」

わらすがどおはゴミ人間がらサッとはなれだんだっけ。

「あっちゃいげバケモノ!」

「町がらででげ、ゴミ人間!海さながされろざ!」

わらすがどおはつぎつぎに、きたねえことばばあびせだのさ。

 

 

ゴミ人間のうわさはすぐに町じゅうさひろまったんだっけ。

「ゴミ人間だ」

「バケモノがあらわれだ」

ゴミ人間がはなしかげでも、

「あっちゃいげざ、ゴミ人間」「ニオイがうづる」

と、あいでさしてもらえねんだっけ。

ゴミ人間はベンチさこしばかげ、プスーハッハとくせえためいきばこぼしたのさ。

そんなどぎでした。

「おめさんがうわさのゴミ人間が。ソレ、仮装じゃねんだって?」

 

 

ふりかえったっけえば、体じゅう“スス” だらけのおどごわらすが立ってっだんだっけ。

おどごわらすはゴミ人間のしょうたいばわがってもにげっぺどはしねえのさ。

「おらは、えんとつそうじ屋のルビッチ。おめさんは?」

「……え、えっと」

「なまえがねえばつければいい。んだなあ、

……ハロウィンの日にあらわれだがら、おめさんのなまえはハロウィン・プぺルだ」

 

 

「ハロウィン・プぺル、おめさんはこんなどごでなにしてらの?」

「だれもあそんでけんねんだよ」

プぺルがそうしゃべっつうど、ルビッチはワハハとわらったのさ。

「んだべな、プぺル。おめさんはきたねえし、それにすんげえくせえ」

「なんぼしゃべっこど。そういうルビッチだって、まっくろけっけだったら」

 

 

「いまは、かせいできたがらね、このとおりススまみれ」

「えんとつそうじは、おどなのしごとだべ?」

「おらいさは父ちゃんがいねえがら、おらがかせがねえばなんねんだ。

それより、そんなニオイだば、やんたがられであだりめえだべったら。おらいの庭で体ば洗ってげでば」

「え? いいのが?」

「おらも体洗わねえば家さあがれねえがらね。ついでにおめさんも洗えばいい」

「ルビッチはオラばさげないね」

「なんだがなつかしいニオイがすんだよ。おらがなげだパンツでもまじってんでねえ?」

 

 

ルビッチはプぺルの体ばすみずみまで洗ってけました。

やばついのははきれいにおぢて、ニオイはぜえぶんマシになったんだっけ。

「ありがとう、ルビッチ」

「……でも口がくせえな。息はいでみで」

プぺルは息ばはぎました。

「アハハ、こりゃくせえ。プぺル、それはガスだよ。みがいだってわがんねんだな」

ふたりは、おそくまでいっしょにいだのさ。

 

 

「あんた、きょう、あのゴミ人間とあそんだのっか?」

「なんともねえよ、母ちゃん。プぺルはわりいやつじゃねえ」

「その好奇心は父ちゃんゆずりだねえ」

町でただひとりの漁師だったルビッチのお父さんは、

きょねんの冬に波さのまれ、死んでしまったんだっけ。

みつかったのは、ボロボロにぶっかれだ漁船だけ。

この町では、海さは魔物がいると信じられでいで、海さでるごどば禁止されでだので、

町のひとがどおは「自業自得だ」ってしゃべったのさ。

「ねえ、母ちゃんは父ちゃんのどこがいがったの?」

「照れ屋でめんけえどごろがあったべ。うれしいごどがあっと、

すぐにこうやってひとさし指で鼻のしたばこすってがらに」

 

 

つぎの日、プペルとルビッチは、えんとつのうえさのぼったんだっけ。

「おっかねえよ、ルビッチ」

「しっかりつかまってれば、なんともね。だけど突風がふぐがら、おどしものさは気をつけてね」

「なにがおどしものしたごどあんの?」

「うん。父ちゃんの写真がはいった銀のペンダント。

父ちゃんの写真はあれ一枚しかのごってねえのに、さがしてもみつからねがったんだ」

ルビッチはドブ川ばさしてしゃべったのさ。

「あのドブ川さおぢだんだ」

 

 

「ねえ、プぺル、『ホシっこ』ってわがってらが?」

「ホシっこ?」

「この町は煙さおおわれでっぺ? だがらおらがどおさは、みられねえけど、

あの煙のうえさは『ホシっこ』っつう、光りかがやく石っころが浮がんでんだ。

それも一個や二個じゃねえよ。千個、一万個、もっともっと」

「そんなバカなはなしがあるってが。ウソっぱちだべ?」

「……おらの父ちゃんが、その『ホシっこ』ばみだんだ。

とおくの海さでだどきにね、ある場所で、頭のうえの煙がなぐなって、

そこさは光りかがやく『ホシっこ』がいっぺえ浮がんでだんだって。

町のひどはだれも信じねくて、父ちゃんはほらふぎ呼ばわりされたまま死んじゃったんだ。

でも、父ちゃんは『煙のうえさはホシっこがある』ってしゃべってがらに、

ホシっこばみる方法をおらさおしえでけだんだよ」

ルビッチはくろい煙ばみあげでいったのさ。

「『信じぬぐべ。なんぼひとりさなっても』」

 

 

つぎの日、まちあわせ場所さきたプぺルは、まだくせえニオイばだすったあた。

つぎの日も、そのまだつぎの日もそうなんだっけ。

「プぺルの体は洗っても洗ってもくせぐなるなあ」

ルビッチは、くせえくせえと鼻ばつまみながらも、まいにち体ば洗ってけだのさ。

 

 

ある日のこと。

プぺルは、かわりはてた姿であらわれだんだっけ。

「なんじょしたプぺル? いったいなにがあったのや?」

なんと、プぺルのひだり耳さついていたゴミがとれでんだっけ。

「オラがいると町がやばつぐなるんだっつ」

「耳は聞こえったが?」

「いいや、ひだり耳がらはなにも聞こえねぐなった。

ひだり耳のゴミがとれっつうど、ひだり耳が聞こえねぐなるみてえだ」

「アントニオがどおのしわざだべ。なんぼヒデエごどすんだべ」

「オラはバケモノだがら、しゃあねえべ」

 

 

つぎの日、ルビッチはアントニオがどおさかごまれでしまったんだっけ。

「やい、ルビッチ。デニスがかぜでたおれたんだよ。

ゴミ人間がらもらったバイキンが原因じゃねえのが?」

「プぺルはちゃんと体ば洗ってらよ。バイキンなんてねえ!」

「とんだほらばふいでがら! きのうもあのゴミ人間はくせがったぞ。

おめえの家は親子してがらほらふぎだ」

たしかにプぺルの体はなんぼ洗っても、つぎの日にはくせぐなってんだっけ。

ルビッチさはかえすことばがねえのさ。

「なんでゴミ人間なんかとあそんでんだよ。空気ばよめざ。おめえもこっつぁこ」

 

 

かえりみち、トボトボとあるくルビッチのもとさプぺルがやってきたんだっけ。

「ねえ、ルビッチ。あそびさいぐべえ」

「……まだくせぐなってったら。そのせいで、おらはきょう、学校でイジメられだんだ。
なんぼ洗ってもくせぐなるおめさんの体のせいで!」

「ごめんよ、ルビッチ」

「もうおめさんとは会えねえよ。もうおめさんとはあそばねえ」

 

 

それがら、ふたりが会うことはねぐなったんだっけ。

プぺルはルビッチと会わねぐなってがら体ば洗うごどもねぐなり、

ますますやばつぐなり、ハエがたがり、どんどんきたねぐ、どんどんくせぐなっていったんだっけ。

プぺルの評判はわるぐなるいっぽうなんだっけ。

もうだれもプぺルさちかづこうとはしねえのさ。

 

 

あるしずがな夜。

ルビッチのへやの窓がコツコツと鳴ったんだっけ。

窓さ目ばやっと、そごさは、すっかりかわりはてたプぺルの姿があったんだっけ。

体はドスぐろく、かたほうの腕もねんだっけ。

まだアントニオがどおさやられだんだべな。

ルビッチはあわてて窓ばあげだのさ。

「なんじょした、プぺル? おらがどおはもう……」

「……イグベ」

「なにしゃべってら?」

「いぐべ、ルビッチ」

 

 

「ちょっとまで。なんじょしたっつうのよ?」

「いそがねえば。オラの命がとられるめえにいぐべ」

「どごさいぐのよ」

「いそがねえば、いそがねえば」

 

 

たどりついたのは、ひともよりつかない砂浜。

「いぐべ、ルビッチ。ほれ乗れ」

「なにしゃべってんのよ。この船はぶっかれでっからすすまねえよ」

おかまいなしにプぺルはポケットがら大量の風船ばとりだし、

ふうふうふう、と息ばふきこみ、風船ばふくらませんだっけ。

ふうふうふう、ふうふうふう。

「おいプぺル、なにしてら?」

ふうふうふう、ふうふうふう。

「いそがねえば。いそがねえば。オラの命がとられるめえに」

プぺルはふくらませた風船ば、しとっつずつ船さむすびつけていったのさ。

 

 

船さば数百個の風船がとりつけられだんだっけ。

「いぐべ、ルビッチ」

「どごさ?」

「煙のうえ」

プぺルは船ばとめでたロープばほどいていったのさ。

「ホシっこばみさいぐべ」

 

 

風船ばつけた船は、ゆっくりと浮がんでぐんだっけ。

「ちょっとなんともねえが、コレ !?」

こんな高さがら町ばみおろすのは、はじめでなんだっけ。

町の夜景はたいしたきれいだったのさ。

「さあ、息ばとめで。そろそろ煙のながさはいるよ」

 

 

ゴオゴオゴオゴオ。

煙のながは、なんにもみえねんだっけ。ただただまっくらなんだっけ。

ゴオゴオという風の音さまじって、プぺルのこえが聞こえんだっけ。

「しっかりつかまってろよ、ルビッチ」

うえさいけばいくほど、風はどんどんつよぐなっていったのさ。

 

 

「ルビッチ、うえばみでみろ。煙ばぬげっぞ!目閉じだらわがんね」

ゴオゴオゴオオオオ。

 

 

「……父ちゃんはほらふぎでねがった」

そごは、かぞえきれねえほどの光でうめつぐされでだんだっけ。

しばらくながめ、そして、プぺルがいったのさ。

「かえりはね、風船ば船がらハズせばいいんだども、いっきにハズしたらわがんねえよ。

いっきにハズすっつうど急に落っこぢっから、しとっつずつ、しとっつずつ……」

「なにしゃべってのよ、プぺル。いっしょにかえんだべ?」

「おめさんといっしょにいられんのは、ここまでだ。

オラはおめさんといっしょに『ホシっこ』ばみることができてまんずよがったよ」

 

 

「なにしゃべってのよ。いっしょにかえっぺし」

「あのな、ルビッチ。おめさんが失くしたペンダントば、ずっとさがしてたんだ。

あのドブ川のゴミはゴミ処理場さながれつくがらさ、

きっと、そこさあるとおもってな」

 

 

「オラ、ゴミ山で生まれたゴミ人間だがら、ゴミばあさることさは、なれっこなんだ。

あの日がら、まいにぢゴミのながばさがしたんだけど、いっこうみつかんねくて……。

十日もあれば、みつかるとおもったんだけど……」

 

 

「プぺル、そのせいでおめさんの体は……おら、あれだけヒデエごとばしたのに」

「かまわねえよ。おめさんがはじめてオラさはなしかけてけだどぎ、

オラはなにがあってもおめさんの味方でいっぺど決めたんだ」

ルビッチの目がら涙がこぼれだんだっけ。

「それさ、けっきょく、ゴミ処理場さはペンダントはねがった。

オラはバカだったよ。

おめさんが『なつかしいニオイがする』といったときに気づくべきだった」

プぺルは頭のオンボロ傘ばひらきました。

「ずっと、ここさあったんだ」

 

 

傘のながさ、銀色のペンダントがぶらさがってだんだっけ。

「おめさんが探していたペンダントはココさあった。オラの脳ミソさ。

なつかしいニオイのしょうたいはコレだったんだね。

オラのひだり耳さついていたゴミがねぐなったとき、ひだり耳が聞こえねぐなった。

同じように、このペンダントがねぐなったら、オラは動かねぐなる。

だけど、このペンダントはおめさんのもんだ。おめさんとすごした時間、

オラはまんずしあわせだったよ。ありがとうルビッチ、でばまんず……」

そういって、プぺルがペンダントばひきちぎろうとしたときさ。

 

 

「わがんね!」

ルビッチがプぺルの手ばつよぐつかんだんだっけ。

「なにすんのよ、ルビッチ。このペンダントはおめさんのものだ。

それさ、このままオラが持ってでも、そのうちアントニオがどおさちぎられで、

こんどこそほんとうにねぐなってしまう。

そうしたらおめさんは父さんの写真ばみることがでぎねぐなる」

「いっしょに逃げればいいべ」

「バカなごどしゃべんな。オラといっしょにいるところばみつかったら、

こんどはルビッチがふたつけられるかもしれねえぞ」

「かまわねえよ。痛みはふたりでわければいい。せっかくふたりいっぺったら」

 

 

「まいにぢ会うべプぺル。そうすれば父ちゃんの写真もまいにぢみることができる。

だがらまいにぢ会うべ。まだ、まいにぢいっしょにあそんべ」

ゴミ人間の目がら涙がボロボロとこぼれだんだっけ。

ルビッチとまいにぢあそぶ……、それはなんだが、とおい昔がら願っていたような、

そんなふしぎなきもちになったのさ。

「プぺル、ホシっこはたいしたきれいだね。つれできてくれてありがとう。

おらはおめさんと出会えてまんずよがったよ」

プぺルは照れくさくなり、

 

 

「やめっつぁルビッチ。おしょすうべったら」

そういって、ひとさし指で鼻のしたばこすったんだっけ。

 

 

「……ごめん、プぺル。おらも気づくのがおそがったよ。んだ、……んだな。

ハロウィンは死んだひとの魂がかえってくる日だったごど」

「なんのこった?ルビッチ」

「ハロウィン・プぺル、おめさんのしょうたいがわがったよ」

 

 

「会いさきてけだんだね、父ちゃん」

 

 

THE END

 

 

【岩手県:沿岸地域担当】
 
長谷川由希
【原作の購入はこちら】

前の記事

秋田県:秋田弁【朗読付】

次の記事

岩手県:県北地域