鹿児島県:鹿児島弁

「信じぬったっど、たとえひといになってでん」

4000メートルん崖に囲まれっ、そとん世界を知らん町(まっ)があったげな。

町(まちゃ) えんとっだらけ。

あっこそこかい煙(けむい)が上がっせぇ、ビンタん上はモックモク。

朝かい晩ずいモックモク。

えんとつん町(まっ)に住ん人は、黒か煙(けむい)にとじこめられっせぇ、

青か空を知らんげな。

輝く星を知らんげな。

 

 

町(まちゃ)いま、ハロウインまついのまっただなか。

魔よけん煙(けむい)もくわわっせぇ、いっもよっかいモックモク。

あるとき、

夜空をかくい配達屋さんが、煙(けむい)をすっせぇせきこんだもんで

配達中の心臓を、うっかいしっちゃらかせっしもたげな。

さすがに視界がこんわぃさで、どけしっちゃらかせたかわからんごんなったち。

配達屋さんはずーずあきらめっ、夜んむこうせぇスタコラサッサ。

ドクドクドクドクドックドク。

えんとつん町(まっ)のすんくじらで、あん心臓が鳴っちゅっど。

 

 

心臓は、町(まっ)のはずれんゴミ山にしっちゃれたげな。

ドクドクあばるい心臓に、ゴミがあっちゃこっちゃしっちっせぇ、ついに生まれたゴミ人間。

ビンタはバサバサ、オンボロ傘。口からガスが、プスーハッハ。

わっぜきっしゃねゴミ人間。わっぜくせゴミ人間。

耳をすませっみんみったら、とおくから鐘ん音(ね)が聞こえっきたげな。

どうやら、自分のほかにもだいかおいごちゃっ。

ゴミ人間はゴミ山をでったげな。

 

 

町(まっ)に行っみったら、バケモンたっがウヨんウヨん。

「やい、てげなおかしか かっこうをしちゅっどね」

ふりかえっみったら、そけ立っちゅったとはカボチャのオバケ。

「ないよワヤ?」

「地獄ん業火を飲みこんせぇ、ハロウインの晩をあやしくてらす。

オイが名はジャック・オー・ランタン!」

 

 

いろんなバケモンたっがゴミ人間のとこいにあつまってきたげな。

「イーヒッヒ、みんながおそれる夜の支配者、魔女やっど~」

「悪魔の科学者が生んだしたモンスター、フランケンさいうとは、オイがこっじゃっど」

「け死んこちょひっきゃぁすれた、あたいはゾンビ」

みんなそろっせぇ、こげん聞っきたっち。

「とこいでワヤいったい、なにモンよ?」

「オイはゴミ人間じゃっど」

バケモンたちゃいっどきなっせぇ笑(わろ)たげな。

 

 

バケモンたっになかまにかたせんもろたゴミ人間。

「トリック・オア・トリート、トリック・オア・トリート。

おやつをよこさんとわいこっぼをすっど」 ち家々をまわい、

おとなんしかい おやつをわけんもろたげな。

じゃっせぇ、ワガよぃこみこどんのしには風船をプレゼントしてまわったげな。

ゴミ人間がふくらませた風船なぷかぷか浮かんせぇ、こどんのしは、おおよろこび。

「よし、次ん家じゃっ。いっど、ゴミ人間」

 

 

あっこそこまわっせぇ、バケモンのしのポケットは、おやつでどっさいになったげな。

時計台の鐘が鳴っせぇ、みんな、かえりじたくをはじめたたっち。

ゴミ人間は仲間んひといにはなしかけっみったげな。

「ハロウインはたのしかね。またあしたもすいがね」

「なよゆうちゅっとよ、ゴミ人間。ハロウインはきょうまでやっど」

そげんゆっせぇ、バケモンのしはついからつぎにマスクをぬっはじめたたっち。

カボチャん中からは少年のアントニオが、

魔女ん中からは少女のレベッカが、それぞれでっきたげな。

なんちな、みんなはバケモンの仮装をしぃちゅったたっち。

 

 

「どげんしたとよ、ワイもぬげちよ、ゴミ人間」

「じゃよ。きっしゃね仮装、あんたもいやじゃろ?」

レベッカがゴミ人間のビンタをひっぱったとっじゃった。

「いてててて」

 

 

「キャアア!」

レベッカがふとか声をあげたげな。

「こんやちゃ、仮装じゃねど!」

少年んたちゃゴミ人間からサッちはなれたげな。

「あっちへいけちバケモン!」

「町(まっ)からでっじけ、ゴミ人間!海(うん)に流されっしもえ!」

少年んたちゃつっからつぎに、きっしゃねことばをあびせたげな。

 

 

ゴミ人間のうわさはいっき町じゅうにひろがったげな。

「ゴミ人間や」

「ゴミ人間があらわれたど」

ゴミ人間が話しかけてん、

「あっちへいけち、ゴミ人間」「ニエがうつっ」

ち、あいてにしっもろがならんかったたっち。

ゴミ人間はベンチにこしをかけっせぇ、プスーハッハち くせためいきをこぼしたげな。

そげなとっじゃった。

「ハンがうわさのゴミ人間じゃっと。そや、仮装じゃなかたっちね?」

 

 

ふりかえっみったら、体じゅう“スス”だらけの少年が立っちゅったげな。

少年はゴミ人間のしょうたいを知っちゅったどん逃げようちはせんかったたっち。

「オイは、えんとつそうじ屋のルビッチ。ハンなな?」

「・・・え、えっと」

「なまえがなかたればつければよか。そうじゃね、

・・・・・ハロウインの日にあらわれたかい、ハンのなまえはハロウイン・プペルや!」

 

 

「ハロウイン・プペル、ハンなこげなとこぃでなよしぃちゅっとけ?」

「だぃもあそんくれんたっでや」

プペルがそげんゆうたこんなら、ルビッチはワハハとわろたげな。

「そりゃそげんじゃろね、プペル。ハンなきっしゃねし、そいからわっぜクセ」

「ゆっくるいもんじゃ。そげんいうプペルやって、まっくろけっけじゃなかけ」

 

 

「いまは、しごんのかえりやっでね、こんとおぃススまみれ」

「えんとつ掃除は、おとなんしごっじゃろ?」

「オイげぇには父ちゃんがおらんで、おいがはたらかんといかんとよ。

そいよか、そげなニオイじゃ、きらわれっせぇあたぃまえ。オイげん庭で体を洗(あろ)やん」

「え?よかと?」

「オイも体を洗(あろ)わんと家にあがいがならんでね。ついでにハンも洗(あろ)えばよかが」

「ルビッチはオイをさけんよね」

「ないごてやぃかなつかしニエがすったっち。オイがうっせたパンツでんまじっちゅっとじゃなかろかい?」

 

 

ルビッチはプペルの体をすんからすんずい洗(ある)っくれたげな。

よごれはきれいおちっせぇ、ニオイはずいぶんマシになったげな。

「おおきに、ルビッチ」

「・・・・じゃっどん口がくせね。息をはっみってん」

プペルは息をはっみったげな。

「アハハ、こりゃくせ。プペル、そやガスじゃっど。みがいたっちムダじゃっち」

ふたりは、おそなっといずっいっしょきおったげな。

 

 

「ハンな、きゅ、あんゴミ人間と遊んだと?」

「大丈夫やっち、母ちゃん。プペルはわりやっじゃなか」

「そん好奇心な父ちゃんゆずいやねぇ」

町(まっ)でただひといの漁師じゃったルビッチの父ちゃんは、

きょねんの冬に波(なん)にのまれっせぇ、け死んみゃったげな。

みっかったとは、ボロボロにうっがれた漁船だけ。

こん町(まっ)では、海(うん)には魔物がおっち信じられちゅっせぇ、海(うん)にでぇこちゃ禁止されちゅったで、

町(まっ)のひとたちゃ「自業自得じゃっ」ち、ぃやったげな。

「ねぇ、母ちゃんな父ちゃんのどこがよかったとぉ?」

「照れ屋でむぜとこいがあったじゃろ。よかこっがあっと、

いっきこげんしっせぇひとさし指で鼻ん下をこすっせぇ」

 

 

つぎの日、プペルとルビッチは、えんとつんうえにのぼったげな。

「おぜど、ルビッチ」

「よかふにぎっちゅれば、つかやねが。じゃっどん突風がふっで、おとしもんにな気をつけやんよ」

「なんかひっちゃらかせたこっがあっと?」

「うん、父ちゃんの写真がはいった銀のペンダント。

父ちゃんの写真なあん1枚しかのこっちゅらんとに、さがしてんみひからんかった」

ルビッチはドブ川をさせっせぇゆうたげな。

「あんドブ川にひっちゃれたたっち」

 

 

「ねぇ、プペル、『ホシ』 ち しっちゅっ?」

「ホシ?」

「こん町(まちゃ)煙(けむい)でおおわれちゅいやろ?じゃっでオイたっには、みいがならんたっどん、

あん煙(けむい)のうえには『ホシ』ち呼ばるい、光りかがやっ石(い)っころが浮かんじゅったっち。

そいも一個や二個やなかど。千個、一万個、わっぜどっさい」

「そげなバカなはなぃがあいもんか。ウソじゃろ?」

「・・・おいげん父ちゃんが、そん『ホシ』をみったとよ。

わっぜとおか海(うん)にでったとっにね、ある場所で、ビンタん上ん煙(けむい)がなかごんなっせぇ、

そけ光りかがやく『ホシ』がどっさい浮かんじゅったたいげな。

町(まっ)のひとはだいも信じっくれんかっせぇ、父ちゃんなウソつっよばわぃされたまま け死んみやったたっち。

じゃっどん、父ちゃんな『煙(けむい)の上にはホシがあっ』っちゆっせぇね、

ホシんみぃかたをオイせぇゆっかせっくいやったでね」

ルビッチはくれ煙(けむい)をみあげっせぇゆうたげな。

「『信じぬったっど、たとえひといになってでん』」

 

 

つぎん日、待ち合せ場所にきたプペルは、またくせニオイをだしちゅったげな。

つぎん日も、そのまたつぎん日も、そげんじゃったたっち。

「プペルの体は洗(あろ)てん洗(あろ)てんくせないねぇ」

ルビッチはくせくうせち鼻をつまんながらも、毎日体をあるっくいやったげな。

 

 

ある日んこっじゃた。

プペルは変わいはてた姿であらわれたげな。

「どげんしたとプペル?いったいなんがあったとけ?」

なんと、プペルのひだい耳(みん)にひっちぃちゅったゴンがとれちゅった。

「おいがおっと町(まっ)がきっしゃねなったっち」

「耳(みん)なきこゆっと?」

「うんにゃ、ひだい耳(みん)かや なんも聞こえんごっなった。

ひだいの耳(みん)のゴンがおっとるっと、ひだい耳(みん)が聞こえんごっなったいごちゃぃ」

「アントニオんたっが仕業やね。なんちひでこちょすったろかい」

「オイがバケモンじゃっで、しょうがなかちよ」

 

 

つんの日、ルビッチはアントニオたっにかこまれっしもたげな。

「やい、ルビッチ。デニスがかぜでたおれたたっど。

ゴミ人間からもろたバイキンが原因じゃなかたろかい?」

「プペルはミンゴミンゴ体を洗(あろ)ちゅっど。バイキンなんかなか!」

「わっぜかウソをひったんね!きのうもあんゴミ人間はくせかったど。

わいげん家は親子そろっせぇうそひいごろじゃっ」

たしかにプペルの体はどひこ洗(ある)てん、つぎん日にはくそなっちゅったげな。

ルビッチにはかえすことばがなかったち。

「なんでゴミ人間なんかと遊んじゅっとけ。空気をよめち。ワイもこっちにけ」

 

 

かえりみち、トボトボち歩くルビッチがとこいにプペルがやってきたげな。

「ねぇ、ルビッチ。あそんけいこや」

「・・・またくそなっちゅらよ。そんせいで、オイはきょう、学校でイジメめられたたっど。どひこ洗(ある)てんくそないハンが体んせいで!」

「ごめんち、ルビッチ」

「もうハンとはおがならん。もうハンとはあそばん」

 

 

そいかぁ、ふたいがおうちこちゃなかごんなったげな。

プペルはルビッチとおわんくなってかい体を洗(あろ)こんもなかごんなっせぇ、

ますますよごれっせぇ、ヘがたかい、わっぜきっしゃね、わっぜかくせなったげな。

プペルの評判はわりないばっかいじゃったたっち。

もうだいもプペルにちかづこうちせんかったげな。

 

 

あるしずなか夜。

ルビッチの部屋の窓がコツコツ鳴ったげな。

窓に目をやったこんなら、そこには、すっかいかわぃはてたプペルの姿があったげな。

体はドスぐろしっせぇ、かたほうの腕もなかったたっち。

またアントニオたっにやられたっじゃろ。

ルビッチはあわてっせぇ窓をあけたげな。

「どげんしたと、プペル?オイたちゃもう・・・」

「・・・イッガ」

「なよゆうちゅっとじゃろかい?」

「いっが、ルビッチ」

 

 

「いっとんまってん。どげんしたちゆうとけ?」

「いそがんと。オイの命(いのっ)がおっとらるっまえにいっど」

「どけいっとけ」

「いそがんと、いそがんと」

 

 

たどりついたのは、ひともよいてちかん砂浜。

「いっど、ルビッチ。そい 乗いやん」
 
「なよゆうちゅっとけ。こん船はうっがれちゅっですすまんちよ」

かもちゅぃがならんちプペルはポケットかぃどっさいの風船をとりだせっせぇ、

ふうふうふう、ち息をふっこんせぇ、風船のふくらませたたっち。

ふうふうふう、ふうふうふう。

「おいプペル、なよしぃちゅっとけ?」

ふうふうふう、ふうふうふう。

「いそがんと、いそがんと。オイが命(いのっ)がおっとらるっまえに」

プペルはふくらませた風船の、ひとっずっ船にむすんつけっいったげな。

 

 

船には数百個の風船がといつけられたげな。

「いっど、ルビッチ」

「どけ?」

「煙(けむい)のうえ」

プペルは船をとめちゅったロープをほどっせぇゆうたげな。

「ホシをみぃけいっが」

 

 

風船をつけた船は、ゆっくい浮かんでいったげな。

「まこて大丈夫やっとけ、こや!?」

こげな高さかい町(まっ)をみおろすっとは、はじめてじゃったち。

町(まっ)の夜景はわっぜ綺麗じゃったげな。

「そい、息をとめやん。そろそろ煙(けむい)んなけはいっど」

 

 

ゴオゴオゴオゴオ

煙(けむい)んなかは、なんもみえんかった。ただただまっくらじゃったち。

ゴオゴオちゅう風ん音にまじっせぇ、プペルん声が聞こえたたっち。

「しっかいつかまっちゅったっど、ルビッチ」

うえにいけばいっほど、風はわっぜつよなっていったげな。

 

 

「ルビッチ、うえをみっみってん。煙(けむい)をぬくっど!目をつぶっちゃいかんど」

ゴオゴオゴオオオオ。

 

 

「・・・・父ちゃんなうそひいごろじゃなかった」

そこは、かぞえがならんほどの光でうめつくされちゅったげな。

いっとっながめっせぇ、そいから、プペルがゆうたげな。

「かえっときゃね、風船の船かぃハズせばよかたっどん、いっどきハズすっといかんど。

いっどきハズすっと急にひっちゃるっで、ひとっずぃ、ひとっずぃ・・・・」

「なよゆうちゅっとよ、プペル。いっじょきかえったっどが?」

「ハンといっじょきおいがなっとは、ここぎぃじゃっ。

オヤ ハンといっじょき『ホシ』をみぃがなっせぇ、まこてよかったちよ」

 

 

「なよゆうちゅっとよ。いっじょきかえっが」

「あんねぇ、ルビッチ。ハンがなかごんならしたペンダントを、ずっとさがしちゅったたっち。

あんドブ川んゴミはゴミ処理場にながれつっでね、

きっと、そけあっちおもっせぇね」

 

 

「オイは、ゴミ山で生まれたゴミ人間じゃっで、ゴミをあさっこっにな、なれっこじゃっと。

あん日かい、まいにちゴミんなかをさがしたたっどん、ひとっじゃみひからんかっせぇ・・・

十日もあれば、みひかっちおもたたっどん・・・」

 

 

「プペル、そんせいでハンの体は・・・オヤ、あげんヒデこちょしっしもたとに」

「かまわんちよ。ハンがはじめてオイせぇはなしかけっくれたとっ、

オヤないがあってんハンの味方でいようち決めたたっど」

ルビッチの目かい涙がこぼれたげな。

「そいに、けっきょく、ゴミ処理場にはペンダントはねかった。

オヤ バカやったど

ハンが『なつかひかニエがすっ』ちゆたとき気づっべきやった」

プペルは頭(ビンタ)んオンボロ傘をひらいたげな。

「ずっと、こけあったたっど」

 

 

傘んなかに、銀色のペンダントがぶらさがっちゅったげな。

「ハンが探しちゅったペンダントはコケあった。オイが脳みそじゃっ。

なつかひかニエんしょうたいはコイやったたんね。

オイがひだい耳(みん)にひっちちゅったゴンがなかごんなったとっ、ひだい耳(みん)が聞こえんごんなった。

同じように、こんペンダントがなかごんなったら、オヤ動かんごっなっが。

じゃっどん、こんペンダントはハンがもんじゃっ。ハンとすごした時間、

オヤほんのこてしあわせじゃったど。

おおきにルビッチ、バイバイ・・・・・」

そげんゆっせぇ、プペルがペンダントをひっちぎろちしたとっじゃった。

 

 

「やっせんど!」
 
ルビッチがプペルん手をツエつかんだげな。

「なよすっとよ、ルビッチ。こんペンダントはハンのもんじゃっど。

そいに、こんままオイがもっちゅってん、そんうちアントニオたっにひっちぎれられっせぇ、

こんどこそほんのこてなかごんなっしも。

そげんなればハンな父ちゃんの写真のみぃがならんごっなっ」

「いっじょきひんにげればよかちよ」

「バカなこちょゆなちよ。オイといっじょきおっとこいをみひかれば、

こんどはルビッチがなぐらるっかもしれんたっど」

「よかたいが、いてたぁふたぃでわければよか。せっかっふたぃおったっど」

 

 

「まいにち会(お)がプペル。そげんすれば父ちゃんの写真もまいにちみぃがなっち。

じゃっでまいにち会(お)が。また、まいにちいっじょきあそんが」

ゴミ人間の目から涙(なんだ)がボロボロちこぼれたげな。

ルビッチといっじょきあそん・・・、そやなんか、とおい昔(むかひ)から願(ねご)ちゅったよな、

そげなふしぎなきもちになったげな。

「プペル、ホシはわっぜきれいじゃっどね。つれっきっくれっせぇおおきに。

オヤ ハンと出会(であ)えっせぇほんのこてよかったがよ」

プペルは照れくさくなっせぇ、

 

 

「やめっくいやんルビッチ。げんねちよ」

そげんゆっせぇ、ひとさし指で鼻んしたをこすったたっち。

 

 

「・・・・すんもはん、プペル。オイも気がつっとがおせかったがよ。じゃっ、・・じゃっ。

ハロウインはけ死んだ人の魂がかえっくい日じゃったどね」

「なんのこっけ?ルビッチ」

「ハロウイン・プペル、ハンのしょうたいがわかったちよ」

 

 

「会(お)けきっくれたっじゃね、父ちゃん」

 

 

THE END

 

 

【鹿児島県:鹿児島弁担当】
 
Reiko Furukawa
【原作の購入はこちら】