岩手県:下閉伊郡(田野畑村・岩泉町)

「信じぬげぇ。たどぇひとりこんなんてもぅ」

4000メートルのがっけにかごまれで、そどの世界を知らねぇ町があったずう。

町はえんとづベぇリ。

そっつこっつがら煙があがってハァ、あだまのうえっかぁモックモク。

あさまがぁらゆんままぁでモックモク。

えんとづの町さ住むひたぁじゃぁ、くれぇ煙にとつこめられでぇ、

あおい空を知らねぇんだぁど。

かがやぐ星を知らねぇんだぁど。

 

 

町はいまかだハァ、ハロウィンまづりのまっせぇちゅう。

魔よげの煙もかだってぇ、いっつもいじょうにモックモク。

あっとぎなぁ、

ゆんまかだの空をはせでぇだ配達屋さんが、煙をすいごんだためんすぅ、せぎごんでぇ、

配達中の心臓を、あありぃえぇづぅうぢにとっぱどすたずぅがぁ。

さすがに視界はこのうにわりぃべしぃ、どごぉさとっぱどすたがわがんねぇ。

配達屋さんはハァさぁっさどあぎらぁめで、ゆんまのあっつげぇさぁスタコラサッサ。

ドクドクドクドクドックドク。

えんとづぅの町のすまっこで、あの心臓が鳴っていんずう。

 

 

心臓は、町のはずれのゴミゴンド山におぢだずう。

ドクドクあばれん心臓さ、ゴミゴンドがあちゃこちゃ
ひっついでハァ、ついに生まれだぁんがどんざ人間。

あだまぁはぁバサバサ、オンボロ傘。口がらぁはぁガスが、プスーハッハ。

あんまりげぇきたねぇどんざ人間。

こふらけねぇくせぇどんざ人間。

耳をすますずぅどぅ、とおぐがら鐘の音が聞けぇできたぁずうがぁ。

どうやらぁ、われのほがにぃだれだぁがいんようたずうがぁ。

どんざ人間はゴミゴンド山をでだずう。

 

 

町さいぐずうど、アンモォがどうがウヨウヨ。

「やい、うんなあぁてんきりおがすぅかっこうすてんがなぁ」

ふりけぇつうどぅ、そごさ立ってだぁずぅのはカボチャのアンモォ。

「なんだずぅやぁ、うんなぁ?」

「地獄の業火をのんだっきゃぁ、ハロウィンのよんまをあやすぅぐてらすがぁ。

おらの名ぁはジャック・オー・ランタン!」

 

 

いろんたなアンモォがどうがどんざ人間のどごさあづまってきたずう。

「イ~ヒッヒ、みんながどうがぁおっかながぁん、よんまの支配者、魔女だがぁ~」

「悪魔の科学者が生みだすたぁモンスター、フランケンさまどはぁ~オラがぁごどだぁじぇ~」

「死ぬずうごどぅわすれったぁ~おらぁゾンビだがぁ~」

みんながどうがくじそれぇで、こんなごど聞いでくんがぁ。

「ところでんさぁ、うんなぁいってぇ、なにもんだやぁ?」

「おらぁなぁ、どんざ人間だがぁ」

アンモォがどうは、いっせいに笑ったずう。

 

 

アンモォがどうのながまさかででもらったずうがぁ。どんざ人間は

「トリック・オア・トリート、トリック・オア・トリート。

おやつぅよごさねぇずぅどぉイダズラすんがぁ」と一軒一軒めぐって、

おどながどうがらおやつをわげでもらったずう。

ほんでぇ、われよりちっちぇえわらすがどうさば風船をけでめぐったずうがぁ。

どんざ人間がふぐらませだ風船はぷかぷか浮がんで、わらすがどうは、てぇしたよろごんだずう。

「よぉし、つぎのイェだ。いぐびゃあ、どんざ人間」

 

 

あっつこっつめぐって、アンモォがどうのかぐしは、おやつでいっぺぇになったずうがぁ。

とけえでぇの鐘がなってぇ、みんながどうが、けえりじたぐをはずめだずう。

どんざ人間はながまのひとりささべりかげだずうがぁ。

「ハロウィンはおもっせえがねぇ。まだあしたもやっぺえしぃ」

「なにさべってんのぅ、どんざ人間。ハロウィンはきょうまでだびゃあなぁ」

そうゆったっきゃぁ、アンモォがどうはつぎつぎに面こどもらをはずしたりぬぎはずめだずうがぁ。

カボチャのなががらは、おどごわらすのアントニオが、

魔女のなががらは、おなごわらすのレベッカが、それぞれでできたずう。

なぁんと、みんながどうがアンモォの仮装をしてだったずうがなぁ。

 

 

「なんしたやぁ、うんなもぬげぇ、どんざ人間」

「そうだがぁ、そぅんなにばばっつぅ仮装、おめさんもやんたべぇがぁ~?」

レベッカがどんざ人間のあだまをひっぱったどぎだずう。

「いでででで」

 

 

「キャアア!」

レベッカがおっけぇ声をだすたぁずうがぁ。

「こりゃあなぁ、仮装じゃねぇじぇ~!」

おどごわらすがどうは、どんざ人間からサッとはなれました。

「あっつぁいげぇ、アンモォ!」

「町がらででげぇ、どんざ人間!海さながされでしめぇ!」

おどごわらすがどうはつぎつぎに、
きたねぇこどばをあぴせだずう。

 

 

どんざ人間のうわさはすぐに町じゅうさひろがったずうがぁ。

「どんざ人間だずうがぁ」

「アンモォがでだずうがぁ」

どんざ人間がさべりかげでも、

「あっつぁいげぇ、どんざ人間」「カマリがうづんがぁ」

と、あいでにしてけんねぇどぅ。

どんざ人間はなげぇ椅子さこしかげっつうど、プスーハッハとくせぇためいぎをこぼしたずぅ。

そんなづぎだったずぅがぁ。

「おめさんがうわさのどんざ人間がぁ。そりゃぁ、仮装でねぇずぅごどぅ?」

 

 

ふりかえっつうど、体じゅう“スス” けまっくろけのおどごわらすがが立ってだったずう。

おどごわらすはどんざ人間のしょうてぇわがってもにげんべぇどしねぇがったずう。

「おらぁ、えんとづそうじ屋のルビッチ。おめさんは?」

「……え、えっと」

「なぁがねぇんだらつければいいべぇ。そんだぁなぁ、

……ハロウィンの日にあらわれだがら、おめさんのなぁはハロウィン・プぺルだ」

 

 

「ハロウィン・プぺル、おめさんはこんなどごでなにしてんのぅ?」

「だぁれもかででけんねぇがぁ」

プぺルがさべっつうど、ルビッチはワハハとわらったずう。

「そりゃぁそんだびゃぁなぁ、プぺル。おめさんはやばついごどぅそれにねんすぅ、こふらけねぇくせぇがぁ」

「さべんごどぅやぁ。そうさべってんルビッチだってハァ、まっくれぇじぇ~」

 

 

「いまは、しごどげぇりでねんすぅ、このとおりススケまっくれぇがぁ」

「えんとづそうじは、おどなのしごどだべぇがぁ?」

「おらほうさチャアがいねぇがら、おらがかせがねぇばなんねんだがぁ。

そんなごどより、そんなカマリでぇば、やんたがられであだりめぇだがぁ。おらほぅの庭で体を洗ってぇ」

「ほに? いいのぅ?」

「おらも体を洗わねぇずぅど家さへえらんねぇがらぁ。ついでにおめさんも洗うびゃあ、ほにさぁ」

「ルビッチはおらをはずさねぇがねぇ」

「なんだがなぁ、なづがすうカマリがすんがぁ。おらがなげだパンツでもまざってんでねぇべぇがぁ?」

 

 

ルビッチはプぺルの体をすみがらすみまで洗ってけだずうがぁ。

よごれはきれぇにおぢで、カマリはまんずまんず気になんなぐなったずぅ。

「おおきにぃ。どぅもぅ、ルビッチ」

「……ほんでもなぁ口がくせぇごどぅねぇ。息をはいでみでぇ」

プぺルは息をはいだずうがぁ。

「アハハ、こりゃぁくせぇ。プぺル、そりゃぁガスだがぁ。みげぇだってぇムダだがぁ」

ふたりは、おそぐまでいっしょにいだったずう。

 

 

「うんな、きょう、あのどんざ人間とあそんだのう?」

「だいじょうぶだがぁ、かっかぁ。プぺルはわりいやづじゃぁねぇがぁ」

「その好奇心はハァちゃぁゆずりだがぁ」

町でたったひとりこの漁師だったルビッチのちゃぁは、

きょねんの冬に波にのまれ、死んですまったずぅ。

みつかったんは、ボロボロにこわれだ漁船だげだずぅ。

この町じゃぁ、海さアンモォがいんずぅって信じられでいで、海さでんごどぅ禁止されでだったずうんで、

町のひたぢゃぁ「自業自得だ」とゆったずうがぁ。

「ねぇねぇ、かっかぁはちゃぁのどごがよがったのぅ?」

「照れ屋でんさぁ、めんけぇどごあったがぁ。おもっせぇごどがあっつぅど、

すぐハァこうやってひとさし指で鼻のしたをこすって」

 

 

つぎの日、プペルとルビッチは、えんとづのうえっかぁさあがったずう。

「おっかねぇ、ルビッチ」

「ちゃぁんとつかまってればぁ、へいきだがぁ。ほんだどもぅ突風がねぇふぐがら、おどしもんさば気いつけでぇ」

「なにがおどしもんしたごどあんのぅ?」

「うん。ちゃぁの写真がへぇった銀の飾り。くぴたさかげん飾りんす。

ちゃぁの写真はあれたったいぢめぇしかのごってねぇずうんに、さがしてもみつかんねがったがぁ」

ルビッチはドブ川を指さしてさべったぁずう。

「あのドブ川におぢでんさぁ」

 

 

「ねえ、プぺル、『ホシ』って覚えでんのぅ?」

「ホシ?」

「この町は煙でおおわれでいんびゃあなぁ? ほんだすけぇおらがどうは、みんごどがでぎねぇども、

あの煙のうえっかぁにゃぁ『ホシ』と呼ばれん、光りかがやぐ石っころが浮がんでんだずう。

それもなぁ一個や二個じゃねぇがぁ。千個、一万個、もっともっと」

「そんなバカなはなしがあるわげねぇべぇ。ウソだべぇごどぅ?」

「……おらほのちゃぁが、その『ホシ』みだずうがぁ。

とおぐの海さでだづぎにねぇ、あっとごで、あだまのうえっかぁの煙がなぐなって、

そごさば光りかがやぐ『ホシ』がいっぺぇ浮がんでだったぁずうがぁ。

町のひたじゃぁだぁれも信じねぇで、ちゃぁはうそつぎ呼ばわりされだまんま死んだでばぁ。

ほんでもねぇ、ちゃぁは『煙のうえっかぁにゃぁホシがあんがぁ』ってさべってんさぁ

ホシをみる方法をおらさおせぇでけだったがぁ」

ルビッチはくれぇ煙をみあげでさべったずう。

「『信じぬげぇ。たどぇひとりこんなんてもぅ』」

 

 

つぎの日、まぢあわせ場所さきたプぺルは、まだくせぇカマリをだしてだったずう。

つぎの日も、そのまだつぎの日もそうだったずぅがぁ。

「プぺルの体は洗っても洗ってもくせぇごどぅねぇ」

ルビッチは、くせぇくせぇと鼻ぁつまみながらもㇵァ、めぇにぢ体を洗ってけだったずぅがぁ。

 

 

ある日のごど。

プぺルは、かわりはでだ姿であらわれだったずう。

「なにしたのぅプぺル?いってぇぜんてぇなにがあったのぅ?」

おらぁやぁ、プぺルのひだり耳についでだどんざがとれでだがぁ。

「おらがいんずうど、町がばっつぐなんだずうすけぇ」

「耳は聞こえんのぅ?」

「いんやぁ、ひだり耳がらはなんも聞けぇねぐなったがぁ

ひだり耳のどんざがとれんずうど、ひだり耳が聞けぇねぐなんようたがぁ」

「アントニオがどうのしわざだぁがぁ。なんぼぅこいつぺぇがわりぃごどすんべぇなぁ」

「おらぁアンモォだぁすけぇ、しかだねぇがぁ」

 

 

つぎの日、ルビッチはアントニオがどうにかごまれでしまったずうがぁ。

「やい、ルビッチ。デニスがかぜでたおれだんだがぁ

どんざ人間がらもらったバイキンが原因じゃねぇがやぁ?」

「プぺルはちゃんと体を洗ってんがぁ。バイキンなんてねぇがぁ!」

「とんだうそをついでんがやぁ! きのうもあのどんざ人間はくせがったがぁ。

うんなぁの家は親子そろってうそつぎだぁがぁ」

たしかにプぺルの体はなんぼぅ洗っても、つぎの日にはくせぇぐなっていんだずう。

ルビッチにはハァけぇすことばがながったずう。

「なんしてやぁ、どんざ人間どあそんでんやぁ。空気ぃよめぇ。うんなぁもこっつぁこぅ」

 

 

けぇりみぢ、トボトボとあるぐルビッチのどごさプぺルがきたずぅがぁ。

「これんす、ルビッチ。あそびさいぐびゃぁ」

「……まだくせぇぐなってんごどぅ。そんだすけぇ、おらぁきょう、学校でイズメられだがぁ
なんぼう洗ってもくせぇぐなるおめさんの体のせいだでばぁ!」

「ゆるせぇ、なぁ。ルビッチ」

「ハアおめさんどは会えねぇがぁ。ハアおめさんどは遊ばねぇがぁ」

 

 

それからずぅもの、ふたりが会うごどはなぐなったんだずう。

プぺルはルビッチと会わねぐなってがら体を洗うごどもなぐなってハァ、

こきたねぐばばっつぐなって、ハエがたがり、どんどんばばっつぐ、どんどんくせぇぐなってったずぅがぁ。

プぺルの評判はわるぐなるべぇりだったずう。

だすけぇでハア、だぁれもプぺルさちかづぐべぇどしねぇずぅがぁ。

 

 

あるしずがなばんげぇ。

ルビッチのへやの窓がコツコツと鳴ったずう。

窓にまなぐをやんずぅど、そごさば、てんきりかわりはでだプぺルの姿があったずぅがぁ。

体はドスぐれぇ、かだっぽうのけえなもねぇずう。

まだハァアントニオがどうにやられだんだべぇなぁ。

ルビッチはあわてで窓をあげだずう。

「などしたやぁ、プぺル? おらがどうはハァ……」

「……いぐびゃぁ」

「なにぃさべってんのう?」

「いぐびゃぁ、なぁ。ルビッチ」

 

 

「いっとぎま、まってけでぇ。などなってんだのぅ?」 

「いそがねぇずうど。おらの命がとられんねぇめぇにいぐびゃぁあ」

「ど~ご~さ~いぐどごだのぅ」

「いそがねぇずぅど、いそがねぇずぅど」

 

 

たどりついだんは、ひともよりつがねぇ砂浜。

「いぐびゃぁ、ルビッチ。ほんだらぁ乗ってぇ」

「なにさべってんのぅ。この船はこわれでんすけぇすすまねぇがぁ」

おかめぇなしにプぺルはかぐしがらハァ大量の風船をとりだしてんさぁ、

ふうふうふう、と息をふっこみ、風船をふぐらませだずう。

ふうふうふう、ふうふうふう。

「おえらぁやぁプぺル、なにしてんのぅ?」

ふうふうふう、ふうふうふう。

「いそがねぇずぅど。いそがねぇずぅど。おらの命がとられんねぇめぇに」

プぺルはふぐらませだ風船を、ひとっつずづ船さむすびつけでいったずぅがぁ。

 

 

船さぁば数百個の風船がとりつけられだずう。

「いぐがぁあ、ルビッチ」

「どごさぁ?」

「煙のうえっかぁさ」

プぺルは船をとめでだロープをほどいでさべったずぅ。

「ホシをみさいぐびゃぁあ」

 

 

風船をつけだ船は、ゆっくりと浮がんでったずぅがぁ。

「ちょっとだいじょうぶだべぇがぁ。ほに、これんす !?」

こんな高さがら町をみおろすんは、はじめでだがぁ。

町の夜景ずぅのはㇵァとってもきれぇだったがぁ。

「ほら、ほんだらぁ、息をとめでぇ。そろそろ煙のながさへぇんがぁ」

 

 

ゴオゴオゴオゴオ。

煙のながは、なんもめぇねぇがぁ。ただただまっくれぇがぁ。

ゴオゴオっつう風の音さまざって、プぺルのこえが聞こえんずぅ。

「ぎっつらつかまるんだがぁ、ルビッチ」

うえっかぁさいげばいぐほど、風はどんどんつよぐなっていぐずぅがぁ。

 

 

「ルビッチ、うえっかぁみどがんせぇ。煙をぬげんがぁ! まなぐぅつぶったらだめだがぁ」

ゴオゴオゴオオオオ。

 

 

「……ちゃぁはうそつぎじゃながったがぁ」

そごはハァ、かぞえきれねぇぐれぇの光でうめつぐされでだがぁ。

すぱらぁぐながめでぇで、そしたっきゃぁ、プぺルがさべったずうがぁ。

「けぇりはねんすぅ、風船を船がらハズせばいいんだぁども、いっけぇにハズすずぅどだめだがぁ。

いっけぇにハズすずぅど急に落ぢでいぐがら、ひとっつずづ、ひとっつずづ……」

「なにさべっいぇんのぅ、プぺル。いっしょにけえんだびゃぁなぁ?」

「おめさんどいっしょにいられんのは、ここまでだがぁ。

おらぁおめさんどいっしょに『ホシ』をみんごどがでぎでほにほによがったがぁ」

 

 

「なにさべってんのう。いっしょにけぇんびゃぁ」

「あのねんすぅ、ルビッチ。おめさんが失ぐしたくぴたささげん飾りをずーっとさがしていだんだがぁ。

あのドブ川のどんざはどんざ処理場にながれつぐんでんさぁ。

ぞうや、そごさあんどおもってんさぁ」

 

 

「おらぁ、ゴミゴンド山で生まれたどんざ人間だすけぇどんざをあさんごだぁ、なれでんだがぁ。

あの日がら、まいにぢどんざのながをさがしたんだぁどもぜんぜんみつかんねぇでぇ……。

十日もあんでぇば、みつかんべぇがぁどおもったんだぁども……」

 

 

「プぺル、そのせいでおめさんの体は……おらぁ、あのぐれぇひんでぇごどしたったのにんさぁ」

「かんもうねぇがぁ。おめさんがはずめでおらさかだりかげ、かででけだったづぎ、

おらぁハァ、なんじょなごどがあったってぇおめさんのみがだでいんべぇど決めだんだがあ」

ルビッチのまなぐがらめっつるがこぼれだずぅがぁ。

「それさなぁ、けっきょく、どんざ処理場にはくぴたささげん飾りはながったずぅがぁ。

おらぁバカだったがぁ。

おめさんが『なづがすぅカマリがすんがぁ』そうさべったづぎにきづぐべきだったがあ」

プぺルはあだまのオンボロ傘をひらいだずう。

「ずうっと、こごさあったんだがあ」

 

 

傘のながさ、銀色のくぴた飾りがぶらさがっていだったずぅがぁ。

「おめさんが探していだずぅくぴた飾りはこごさあったがぁ。おらの脳ミソさ。

なづかすぅカマリのしょうてぇはこれだったんだがぁ。

おらのひだり耳についでだどんざがなぐなったっきゃぁ、ひだり耳が聞けぇなぐなったがぁ。

おんなじように、このくぴた飾りがなぐなったっきゃぁ、おらぁハァ動がなぐなんがぁ。

ほんだども、このくぴた飾りはおめさんのだがぁ。おめさんどすごした時間、

おらぁほにほに、ほんとうにしあわせだったがぁ。おおきにぃルビッチ、さいならぁ……」

そうさべって、プぺルがくぴた飾りをひぎちぎんべぇとしたづぎだがぁ。

 

 

「ダメだがあ!」

ルビッチがプぺルの手ばつよぐつかんだずぅ。

「なにすんやぁ、ルビッチ。このくぴた飾りはおめさんのだがぁ。

ほれんす、ほんだってぇこのまんまおらが持ってでも、そのうぢアントニオがどうにちぎられんがぁ、

ほんだすけぇこんどこそほんとうになぐなんがぁ。

そしたらばぁ、おめさんはおっとうの写真をみんごどがでぎねぇごどぅ」

「いっしょに逃げればいいびゃぁなぁ」

「バカなごどいわねぇでぇ。おらどいっしょにいんどごぅめっけられんずぅど、

こんだぁルビッチがなぐられんがもしんねぇがぁ」

「かまぁねぇがぁ。いでぇのはふたりでわげっぺぇしぃ。せっかぐふたぁりいんだぁがぁ」

 

 

「まいにぢあうびゃぁプぺル。そうすんずぅどちゃぁの写真もまいにぢみんごどがでぎんすけぇ。

ほんだからぁまいにぢあうびゃあ。まだ、まいにぢいっしょにあそんびゃあ」

どんざ人間のまなぐがらめっつるがボロボロとこぼれだずぅ。

ルビッチとまいにぢあそぶ……、それはなんだべぇなぁ、とおい昔がら願っていだようだがなぁずぅような、

ふしぎなきもぢになったずう。

「プぺル、ホシはとってもきれぇだがぁ。つれできてけでおおきにぃ。

おらぁおめさんど出会えでほにほにいがったがぁ」

プぺルは照れくさぐなり、

 

 

「やめでけでぇルビッチ。しょうしぃべぇがすかぁ」

そうさべって、ひとさし指で鼻のしたをこすったんだずぅがぁ。

 

 

「……ゆるしてけどがんせぇ、プぺル。おらも気づぐんがおそがったがぁ。ほにがぁ……、ほにぃ……ほにがぁ。

ハロウィンずぅのは死んだひとがどうの魂がけえってくん日だったごどうねぇ」

「なんだずぅのぅ? ルビッチ」

「ハロウィン・プぺル、おめさんのしょうてぇがわがったがぁ」

 

 

「会いさ来てけだんだぁねぇ、ちゃあ」

 

 

どっとはれぇ

 

 

【岩手県:下閉伊郡(田野畑村・岩泉町)担当】
 
伊藤 真
琴畑テル
伊藤(琴畑)和子
【原作の購入はこちら】