熊本県:熊本弁【朗読付】

朗読

※音声の読み込みに少し時間がかかるときがあります。ご了承下さい。

原稿

「信じぬかにゃんばい。どぎゃーん ひとりんなったっちゃ」

4000メートルん崖にかこまれちから、そとん世界ば知らん町んあったとばい。

町はえんとつばーっかし。

あっちゃこっちゃから煙のあがっち、あたまんうえはモックモク。

朝から よさるまでモックモク。

えんとつん町に住んどるもんは、くろか煙にとじこめられち、

あおか空ば 知りまっせん。

きれーか星ば 知りまっせん。

 

 

町はいま、ハロウィンまつりのありよる。

魔よけの煙も かせして、いつもよりかモックモク。

あんとき、

夜空ばいかす配達屋さんが、煙ば すって せっこましてから、

配達しよる心臓ば、てれっとしとって うしてさした。

ほんなこて視界ん わるさ、どこさん うしたったか わからんとたい。

配達屋さんは はーよ あきらめちから、よさるのむこうさん スタコラサッサ。

ドクドクドクドクドックドク。

えんとつん町のはじっこで、あん 心臓の鳴りよる。

 

 

心臓は、町んはずれんゴミ山にうしたった。

ドクドクあばるる心臓に、ゴミがよかしこくっついちかっ、ようよ 生まれたゴミ人間。

あたまはバサバサ、おろよか傘。口からガスの、プスーハッハ。

たいぎゃきたなか ゴミ人間。なんさまくさか ゴミ人間。

耳ばすますっと、とおかとこから鐘ん音が聞こえちきた。

なーんか、オルのほかにも だるかおるごたる。

ゴミ人間はゴミ山ば でた。

 

 

町さんいくと、バケモンたちの ウヨウヨおる。

「おい!て、たいぎゃ みょーなかかっこうばしとるたい」

ふりかゆっと、そこん立っとったつはカボチャんオバケ。

「だんね アタは?」

「地獄ん業火ば ひんのんでから、ハロウィンのよさるば あやしゅーひからする。

オルが名前はジャック・オー・ランタン!」

 

 

いろんなバケモンたちがゴミ人間んとこんに あつまってこらした。

「イ〜ヒッヒ、だっでんおそるる夜ん支配者、魔女ば〜い」

「悪魔ん科学者がつくらしたモンスター、フランケンさまてな オルのこったい」

「死ぬこつば きゃーわすれた、オルはゾンビたい」

だっでんそろて、こぎゃん聞いちくる。

「とこっでアタはいったい、なにモンね?」

「オルはゴミ人間たい」

バケモンたちはいっしょたくりに わろた。

 

 

バケモンどんのつれに かたったゴミ人間は

「トリック・オア・トリート、トリック・オア・トリート。

やっじゃば やらんと わるかこつすっけんね」て どこん家さんでん さろいて、

おとなたちから やっじゃばわけてもろたたい。

して、オルより こまか こどんたちには風船のおくりもんば やってさろいた。

ゴミ人間がふくらまかした風船なぷかぷか浮かんで、こどんたちは、まうごつよろこんだ。

「よし、つぎん家に きゃーいこばーい、ゴミ人間」

 

 

あっちゃこっちゃさろいて、バケモンたちんオトシは、やっじゃで たまがるごつ パンパンになった。

時計台ん鐘ん鳴って、だっでん、かえりじたくば はじめらす。

ゴミ人間は つれんひとりに いうた。

「ハロウィンはたのしかね。まーたあしたも するばい」

「なんばいいよっとね、ゴミ人間。ハロウィンは きょうまでばい」

そぎゃんいうと、バケモンたちはつっからつぎにかぶりもんば ぬぎはじめらす。

カボチャんなかからは おとこんこのアントニオが、

魔女んなかからはおなごんこのレベッカが、めんめん でてこらした。

なんちゅうこつね、だっでんバケモンの仮装ばしとらした。

 

 

「どぎゃんしたつね、アタもぬがんか、ゴミ人間」

「そぎゃんたい、そぎゃんきたなか仮装、アタも いやだろたい?」

レベッカがゴミ人間のあたまばひっぱったときたい。

「あたたたた」

 

 

「キャアア!」

レベッカがおめいた。

「コヤツ、仮装じゃなか!」

おとこんこたちはゴミ人間からぴゃーっとはなれた。

「あっちゃんいかんか バケモン!」

「町からでていかんか、ゴミ人間! 海さん ながさるっとよか!」

おとこんこたちは つっからつぎに、きたなかことばば いうた。

 

 

ゴミ人間のうわさはすぐに町のどこさんでん ひろまった。

「ばっ ゴミ人間ばい」

「バケモンのでたばい」

ゴミ人間がはなしかけたっちゃ、

「あっちゃんいかんか、ゴミ人間」「ニオイのうつる」

て、あいてんしてもらえん。

ゴミ人間はベンチにこしかけちから、プスーハッハて くさかためいきばこぼさした。

そんときたい。

「アタがうわさんゴミ人間かい。そら、仮装じゃにゃーとね?」

 

 

ふりかゆっと、体じゅう“スス” だらけんおとこんこが立っとらした。

おとこんこはゴミ人間のしょうたいば知ったっちゃにげようとはさっさん。

「オルは、えんとつそうじ屋んルビッチ。アタは?」

「……え、えっと」

「なまえがなかならつけたらよか。なんがよかかねぇ・・、

……ハロウィンの日にでてきたけん、アタんなまえはハロウィン・プぺルたい」

 

 

「ハロウィン・プぺル、アタはこぎゃんところでなんばしよっとね?」

「だっもあそんでくれんとたい」

プぺルがそぎゃんいうと、ルビッチはワハハてわろた。

「そりゃそぎゃんたい、プぺル。アタはきたなかし、それにたいぎゃくさか」

「いうちくるっね。そぎゃんルビッチでん、まっくろけっけじゃなかね」

 

 

「いまは、しごつん かえりだけんね、こんとおりススまみれたい」

「えんとつそうじは、おとなんしごつだろたい?」

「ウチにゃ 父ちゃんのおらんけん、オルが はたらかなんとたい。

そぎゃんこつより、そぎゃんニオイなら、きらわれちあたりまえたい。うちん庭で体ば洗いなっせ」

「ばっ? よかとね?」

「オルも体ば洗わんと家にあがれんけん。ついでにアタも洗うとよか」

「ルビッチはオルば さけんね」

「そぎゃんこつより、なつかしかニオイんすっとたい。オルがすてたパンツでんまじっとっとじゃなかっだろか?」

 

 

ルビッチはプぺルん体ば すんからすんまであろちくれた。

よごれはきれいにおちてから、ニオイはだいぶよーなったばい。

「すんまっせん、ルビッチ」

「……ばってん口の くさかー。息ばはいてん」

プぺルは 息ばはいた。

「ばっ! だいぎゃくさかて。プぺル、そるはガスたい。みがいたっちゃムダばい」

ふたるは、おそーまじ いっしょにおったたい。

 

 

「アタ、きょう、あんゴミ人間とあそんだとね?」

「だいじょうぶばい、母ちゃん。プぺルはわるかやつじゃなか」

「そん好奇心は父ちゃんゆずりばいねぇ」

町でただひとりん漁師だったルビッチん父ちゃんな、

きょねんの冬に波にのまれち、うっちんでしもうた。

みつかったつは、ボロボロにうちこわれた漁船だけたい。

ここん町では、海に魔物んおるち信じられとるけん、海さんでるこつば禁止されとったとたい、

町んもんは「自業自得たい」ていわした。

「なぁ、母ちゃんは父ちゃんのどこがよかったと?」

「照れ屋でむぞらしかところもあったたい。うれしかこつんあると、

すぐこぎゃんして ひとさし指で鼻のしたばこすって」

 

 

つぎん日、プペルとルビッチは、えんとつんうえにのぼらした。

「こわかよ、ルビッチ」

「しっか つかまっとったら、へいきたい。ばってん突風のふくけん、おとしもんには気をつけとかなんばい」

「なんか おとしもんばしたこつんあるとね?」

「あるばい。父ちゃんの写真のはいった銀のペンダント。

父ちゃんの写真はあれ一枚しかのこっとらんとに、さがしたっちゃ みつからんだったつたい」

ルビッチはドブ川ば さしちかり いうた。

「あんドブ川におちたとたい」

 

 

「あんたい、プぺル、『ホシ』て知っとるね?」

「ホシ?」

「こん町は煙でおおわれとるたい? だけんオルたちには、みるこつがでけんとばってん、

あん煙ん うえには『ホシ』て呼ばれとる、光りかがやく石っころが浮かんどる。

そるも一個や二個じゃなかとよ。千個、一万個、もっともっと」

「そぎゃんバカなはなしがあるもんね。ウソばい」

「……オルの父ちゃんが、そん『ホシ』ばみたつよ。

とおくん海さん でたときたい、あん場所で、頭んうえの煙がのーなってから、

そこには光りかがやく『ホシ』のまうごつ浮かんどったてたい。

町んひとはだるも信じらんけん、父ちゃんなうそつきち言われながら死なしたったい。

ばってん、父ちゃんは『煙んうえにはホシがある』ち いうてたい、

ホシばみる方法ばオルにおしえてくれたとたい」

ルビッチはくろか煙ばみあげていうた。

「『信じぬかにゃんばい。どぎゃーんひとりになったっちゃ』」

 

 

つぎん日、まちあわせん場所にきたプぺルは、まーた くさかニオイばだしとった。

つぎん日も、そんまたつぎん日もそうたい。

「プぺルん体ば あろてもあろてもくさくなるたいねえ」

ルビッチは、くさかくさかち鼻ばつまみながらも、みゃーにち体ば あろてくれた。

 

 

ある日んこつ。

プぺルは、かわりはてた姿であらわれた。

「どぎゃーんしたとね プぺル?いったいなんがあったとね?」

ばっ、プぺルんひだり耳んひっついとったゴミんうっとれとる。

「オルがおると町のよごるってたい」

「耳は聞こゆるとね?」

「うんにゃ、ひだりん耳からはなんも聞こえんごつなった。

ひだりん耳のゴミのおっとれると、ひだりん耳が聞こえんごつなるてたい」

「アントニオたちん したっだろ。なーし こぎゃんヒドかこつばするとだろか」

「オルはバケモンだけん、しかたなかつたい」

 

 

つぎん日、ルビッチはアントニオたちにかこまれちしもうた。

「おいて、 ルビッチ。デニスがかぜでたおれたてばい。

ゴミ人間からもろたバイキンが原因じゃなかとね?」

「プぺルはちゃーんと体ば あろとるけん。バイキンなんてなか!」

「たまがるごたるうそば ついちかっ!きのうもあんゴミ人間はくさかったばい。

アタん家は親子そろっちかり うそつきばい」

ほんなこつ プぺルん体はどぎゃーん あろたっちゃ、つぎん日にはくそなっとった。

ルビッチには かえすことばん なか。

「なーんでゴミ人間やらとあそんどっとね。空気ばよめて。アタもコッチさんけーて」

 

 

かえりみち、トボトボあるく ルビッチんとこさんプぺルがやっちきた。

「なあ、ルビッチ。あそびにいくばーい」

「……まーた くそなっとるたい。そんせいで、オルはきょう、学校でイジメられたつばい。どぎゃんあろたっちゃ くそなるアタん体んせいたい!」

「すんまっせん、ルビッチ」

「もうアタとは会えんばい。もうアタとはあそばん」

 

 

そるから、ふたりが会うこつはのーなった。

プぺルはルビッチと会わんくなっちから体ば あろうこつも のーなって、

ますますよごれちから、ハエんたかって、どんどんきたのーなっちかり、どんどんくそーなったたい。

プぺルん評判はわるなるいっぽうたい。

もうだるもプぺルにちかづこうとはせん。

 

 

あんしずかな晩。

ルビッチのへやん窓がコツコツ言ったとたい。

窓に目ばやると、そこには、たいぎゃかわっとるプぺルがおったとたい。

体は黒〜して、汚のーして、かたっぽん腕もなか。

まーた アントニオたちにやられたとだろ。

ルビッチはあわてちから 窓ばあけた。

「どぎゃんしたつね、プぺル?オルたちはもう……」

「……イコカ」

「なんば言いよっとね??」

「いくばい、ルビッチ」

 

 

「ちーっと またんね。どぎゃんしたつね?」

「いそがにゃん。オルが命がとられるきゃーいこう」

「どこさんいくとね?」

「いそがにゃん、いそがにゃん」

 

 

たどりついたつは、ひともよりつかん砂浜。

「いくばい、ルビッチ。さあ乗らんね」

「なんばいいよるとね。こん船はうっくざれとっけん すすまんて」

なーんもかんがえんでプぺルはポケットから大量の風船ばとりだして、

ふうふうふう、て息ばふきこんで、風船ばふくらませる。

ふうふうふう、ふうふうふう。

「あんたいプぺル、アタなんしよっとね?」

ふうふうふう、ふうふうふう。

「いそがにゃん。いそがにゃん。オルが命がおっとらるっまえに」

プぺルはふくらませた風船ば、いっちょずつ船にくびりつけていったとたい。

 

 

船には数百個の風船がくびりつけられた。

「いくばい、ルビッチ」

「どこさん、いくとね?」

「煙ん うえたい」

プぺルは船ばとめとったロープばほどいてからいったと。

「ホシば みにいくばい」

 

 

風船ばつけた船は、ゆたーっと浮かんでいきよる。

「ちーとだいじょうぶね、コレ !?」

こぎゃん高さから町ばみおろすとは、はじめてたい。

町の夜景はまうごつきれいかった。

「さあ、息ばとめんね。ぼちぼち煙んなかにはいるばい」

 

 

ゴオゴオゴオゴオ。

煙んなかは、なーんもみえまっせん。ただただまっくらたい。

ゴオゴオていう風の音にまじって、プぺルんこえの聞こえちくる。

「しかーとつかまっとくとばい、ルビッチ」

うえさんいけばいくしこ、風は、びゃんびゃん つよーなっていった。

 

 

「ルビッチ、うえばみてみらんね。煙ば抜くっよ!目ば閉じっといかんばい」

ゴオゴオゴオオオオ。

 

 

「……父ちゃんはうそつきじゃなかった」

そこは、かぞえきれんほどの光でうめつくされとった。

ゆたーっとながめちから、そっから、プぺルがいったと。

「かえりはたい、風船ば船からハズしたらよかばってん、ポスとハズしたらいかんばい。

いっぺんにハズすと急に落っこちるけん、いっちょずつ、いっちょずつ……」

「なんば言いよっとね?、プぺル。いっしょにきゃーるとだろ?」

「アタといっしょにおらるっとは、ここまでたい。

オルはアタといっしょに『ホシ』ばみるこつがでけてほんなこて よかったばい」

 

 

「なんばいいよっとね。いっしょに きゃーるばい」

「あんたい、ルビッチ。アタが失くしたペンダントば、ずーっとさがしよったとたい。

あんドブ川のゴミはゴミ処理場にながれちくっけん、

だけんきっと、そこにあるとおもってたい」

 

 

「オルは、ゴミ山で生まれたゴミ人間だけん、ゴミばあさるこつには、なれとっとよ。

あん日から、みゃーにちゴミのなかばさがしたばってん、いっちょんみつからんくて……。

十日もあったら、みつかるちおもったとばってん……」

 

 

「プぺル、そんせいでアタん体は……オルは、あぎゃーん ヒドカこつばしたとに」

「なーんよかて。アタがはじめちオルにはなしかけちくれたとき、

オルはなんがあったっちゃアタん味方でおろうち 決めたとだけん」

ルビッチの目から涙んこぼれた。

「それに、けっきょく、ゴミ処理場にはペンダントはなかったたい。

オルはバカだったとたい。

アタが『なつかしかニオイのする』ち いうた時 気がつかにゃんだったたい」

プぺルは頭んオンボロ傘ばひらいた。

「ずっと、こけ あったとたいね」

 

 

傘のなかに、銀色のペンダントがぶらさがっとった。

「アタが探しとったペンダントはコケ あったたい。オルの脳ミソたい。

なつかしかニオイんしょうたいはコレだったとたいね。

オルのひだり耳についとったゴミがのーなったとき、ひだり耳ん聞こえんごつなった。

同じごつ、こんペンダントんのーなったら、オルは動かんごつなる。

ばってん、こんペンダントはアタんもんたい。アタとおった時間、

オルはほんなこつ しあわせだったばい。ありがとうルビッチ、ほんならね……」

そぎゃんいうて、プぺルがペンダントばひきちぎろうとしたときたい。

 

 

「でけんて!」

ルビッチがプぺルの手ばいたかごつ つかんだ。

「なんばすっとね、ルビッチ。こんペンダントはアタんもんたい。

それに、こんまんまオルが持っとったっちゃそんうちアントニオたちにちぎられち、

こんどこそほんなこつ のーなってしまう。

そぎゃんしたらアタは父ちゃんの写真ばみるこつんできんくなるたい」

「いっしょに逃げればよかたい」

「バカなこつばいうな。オルといっしょにおるところばみつかったら、

こんどはルビッチがうたるっかん しれんばい」

「よかよか。痛かつは ふたりでわければよか。せっかくふたりでおるとだけん」

 

 

「みゃーにち 会おたい プぺル。そぎゃんすっと父ちゃんの写真もみゃーにち みるこつんできるたい。

だけん みゃーにち会うばい。また、みゃーにち いっしょにあそぼい」

ゴミ人間の目から涙がボロボロとこぼれた。

ルビッチとみゃーにち あそぶ……、それはなんか、とおか昔から願っとったような、

そぎゃん ふしぎなきもちになった。

「プぺル、ホシはまうごつきれいかね。つれちきてくれて ありがとね。

オルはアタと出会えてほんなこつよかったばい」

プぺルは照れくそーなって、

 

 

「やめんねルビッチ。はずかしかたい」

そぎゃんいうて、ひとさし指で鼻のしたばこすった。

 

 

「……すんまっせん、プぺル。オルも気づくとんおそかった。そぎゃんたい、……そぎゃんたい。

ハロウィンは のーなったひとん魂がきゃーってくる日だったたいね」

「なんのこつね? ルビッチ」

「ハロウィン・プぺル、アタんしょうたいがわかったつたい」

 

 

「会いぎゃきてくれたつね、父ちゃん」

 

 

THE END

 

 

【熊本県:熊本弁担当】
 
Eri Maeda
Reina Imamura
岡田 和美
大倉 多恵
【朗読担当】
木村慎太郎
編集
大島由愛
ルビッチ
坂田彩夏
ゾンビ他
中村理美子
レベッカ他
村上あすか
あらすじ
大倉多恵
ルビッチの母
西村晃一
ご意見番
今村玲奈
アントニオ
前田絵里
プペル
今村さん、前田さんの子供達
こどもたち
【原作の購入はこちら】