秋田県:秋田弁

「信じぬげぇ、たとえひとりさなっても」

4000メートルの崖さかごまれで、そどの世界を知らねえ町があったんだど。

町はえんとつばり。

あっちゃこっちゃがら煙があがって、あだまのうえだばモックモックでぇ。

朝がら晩げまでモックモックでぇ。

えんとつ町さすむふとは、くれぇ煙さ閉じ込められで

あおい空を知らねぇ。

かがやく星を知らねぇ。

 

 

町はいま、ハロウィンまづりの真っ最中。

魔よけの煙もたささって、いつもいんじょうにモックモック。

あるどぎ、

夜空をかげる配達屋さんが、煙をすってむへで、

配達中の心臓をうっかりおっこどしてしまったど。

さすがに視界はこのわるさ、どごさおぢだんだがわがらね。

配達屋さんはさっさとあぎらめで、夜のむこうさスタコラサッサ。

ドクドクドクドクドックドク。

えんとつ町のすみっこで、あの心臓が鳴ってらど。

 

 

心臓は、町のはずれのゴミ山さおぢだ。

ドクドクあばれる心臓に、ゴミがあれこれくっつがって、ついに生まれたゴミ人間。

あだまはバサバサ、オンボロ傘。口がら、ガスが、プスーハッハ。

しったげきったねぇゴミ人間。しったげくっせぇゴミ人間。

耳すましたっけ、遠くがら鐘の音が聞けできた。

どうやら、自分のほがさもだれがいるいった。

ゴミ人間はゴミ山をでたんだど。

 

 

町さ行ったっけ、ばげものらがウヨウヨ。

「おい、ずいぶんとおがしかっこうしてらねが」

ふりかえれば、そごさ立ったったのはカボチャのオバケ。

「なんだ、おめぇ」

「地獄の業火をのみこんで、ハロウィンの夜をあやしぐてらす。

オレのなめぇはジャック・オー・ランタン!」

 

 

いろったばげものたちがゴミ人間のところさあづまってきた。

「イ〜ヒッヒ、みんながおっかねがる夜の支配者、魔女だや〜」

「悪魔の科学者が生みだしたモンスター、フランケンってばオレのこどだ」

「死ぬごどをわすれだ、わだすはゾンビ」

みんなそろって、こう聞いできた。

「んで、おめぇはいったい、なにモンだ?」

「おいはゴミ人間だべ」

ばげものたちはいっせいに笑ったど。

 

 

ばげものらのながまさくわわったゴミ人間は

「トリック・オア・トリート、トリック・オア・トリート。

かしっこよごさねばイタズラすっぞ」と各ややをまわり、

おとなたちがらかしっこわげでもらった。

して、じぶんよりちぃせぇこどもがださは風船どごプレゼントしてまわったど。

ゴミ人間がふくらませだ風船はぷかぷか浮かんで、こどもがだはおおよろこび。

「よし、つぎの家だ。あべ、ゴミ人間」

 

 

あっちゃこっちゃまわって、ばげものらのポケットは、かしっこでいっぺぇになった。

時計台の鐘っこが鳴って、みんな、かえりじたくをはじめだ。

ゴミ人間はながまのひとりさはなしかげだ。

「ハロウィンおもへなー。まだあすたもやるべ」

「なぁに言ってらんだよ、ゴミ人間。ハロウィンは今日までだべった」

そういったっけ、ばげものらはつぎつぎにマスクをぬぎはじめだ。

カボチャのなががらは、おどごわらしのアントニオが、

魔女のなががらは、おなごわらしのレベッカが、それぞれでできた。

なんと、みんなはばげものの仮装をしてあったんだど。

 

 

「なすた、おめもぬげよ、ゴミ人間」

「んだ〜、そったにばっちぃ仮装、おめもんたべ?」

レベッカがゴミ人間のあだまっこどごひっぱったっけ。

「いでででで」

 

 

「ギャアア!」

レベッカがでっけぇ声をあげだ。

「コイツ、仮装でね!」

おどごわらしらはゴミ人間がらサッとはなれだ。

「あっちさいげ、ばげもの!」

「町がらででげ、ゴミ人間!海さながされでまえ!」

おどごわらしらはつぎつぎに、きたねぇことばをあびせだ。

 

 

ゴミ人間のうわさだばすんぐに町じゅうさひろまった。

「ゴミ人間だ」

「ばげものがでだ」

ゴミ人間がはなしかげだって、

「あっちゃいげゴミ人間」「くしぇかまりうづるべ」

と、あでされね。

ゴミ人間はベンチさこしかげで、
プスーハッハとくせぇためいきをこぼした。

そんときだった。

「おめがうわさのゴミ人間だが。ソレ、仮装でねあんだったね?」

 

 

ふりけぇったっけ、体じゅう“スス”だらけのおどごわらしが立ってあった。

おどごわらしはゴミ人間のしょうたいを知ってもにげだりしね。

「おいは、えんとつそうじ屋のルビッチ。オメは?」

「……あいー、しか」

「なまえねんだばつければいーべ。んだなぁ、

……ハロウィンの日にあらわいだがら、オメのなまえハロウィン・プペルだべ」

 

 

「ハロウィン・プペル、オメはこんたどごでなにしてんだ?」

「だれもあそんでけね」

プペルがそういったっけ、ルビッチはワハハとわらった。

「そいんだばそだ、プペル。オメはきったねぇし、しかもくせぇ。」

「いうねが。そういうルビッチだって、まっくろけだべ」

 

 

「いまは、しごとのかえりだんで、ほれススまみれだ」

「えんとつそうじは、おどなのしごとだべ?」

「おらのいさおとーいねがら、おらがはだらがねばねんだ。

それより、そんたかまりだば、きらわれであだりめだ。おらいの庭で体洗え」

「あん?いが?」

「おらも体洗わねば家さあがられねんだ。ついでにオメも洗えばいった」

「ルビッチはおいどごさげねな」

「なんだべな なつかしいかまりがするった。おらがなげだパンツでもまざってんでねが?」

 

 

ルビッチはプペルの体をすみずみまで洗ってけだ。

よごれはきれいにおぢで、かまりはずいぶんマシになった。

「しかだねな、ルビッチ」

「……んでも口がくせぇな。息はいでみれ」

プペルはいきをはいだ。

「アハハ、こいんだばくせ。プペル、それはガスだべ。みがいだってムダだな」

ふたりは、おそくまでいっしょにいだった。

 

 

「オメ、きょう、あのゴミ人間とあそんだんだが?」

「なんもだ、おかー。プペルはわりぃやづでねぇ」

「その好奇心はおとーゆずりだべな」

町でただふとりの漁師だったルビッチのお父さんは、きょねんの冬に波さのまれで、死んでしまった。

みつけだのは、ボロボロにぶっかれだ漁船だげ。

この町では、海には魔物がいると信じられでで、海さではるこどを禁じであったので、

町のひとがだは「自業自得だべ」といった。

「なぁ、おかーはおとーのどごいがったな?」

「しょしがりで めんけぇどごもあったべ?おもしぇごどあれば、すんぐにこうしてやひとさし指で鼻っこのしたこすってや」

 

 

つぎの日、プペルとルビッチはえんとつのうえさのぼった。

「しったげおっかねー、ルビッチ」

「ぎじっとつかまれば、なんってもね。んだども突風がふくがら、ものおどさねいんと気つけれな」

「なんかおどしたごどあるが?」

「んだ。おとーの写真っこはいった銀のペンダント。

おとーの写真っこ あれ1めしかのごってねぇのに、探したどもみっけれながったものな。」

ルビッチはドブ川をさしていった。

「あのドブ川さおぢだんだ」

 

 

「なぁ、プペル、『ホシ』ってわがるが?」

「ホシ?」

「この町は煙でおおわれでらべ?んだがら、おいがださは、みられねども、

あの煙のうえさ『ホシ』って言われでる、光ってる石っこが浮かんでらんだ。

そいもひとっつ、ふたっつでね。千も1万も、もっといっぺだ。」

「そったバカなはなしあるが。ばしだべ?」

「……おいのおとーが、その『ホシ』っこみだんだ。

とおくの海さでだどぎ、ある場所で、頭のうえの煙がねぐなって、

そごさ光ってら『ホシ』がいっぺ浮かんでだんだど。

町のふとはだぁも信じねして、おとーはばしこぎ呼ばわりされだまんま死んでしまったんだ。

んだども、おとーは『煙のうえさはホシっこがある』ってしゃべって、

ホシっこをみるすべをおいさおへでけだんだよ。」

ルビッチはくれぇ煙をみあげていった。

「『信じぬげぇ、たとえひとりさなっても』」

 

 

つぎの日、まぢあわせさきたプペルは、またくせかまりをだしてあった。

つぎの日も、まだつぎの日もんだった。

「プペルの体は洗っても洗ってもくっしぇぐなるな」

ルビッチは、くしぇくしぇと鼻をつまみながらも、まいにぢ体を洗ってけだ。

 

 

ある日のごど。

プペルは、かわりはでだ姿であらわれだ。

「なすたプペル?なにあった?」

なんと、プペルのひだり耳さついであったゴミがとれであった。

「おいがいれば、町よごれるど。」

「耳聞けるの?」

「なんも、ひだり耳がなんも聞けねぐなった。

ひだり耳のゴミがとれれば、ひだり耳が聞けねぐなるらし。」

「アントニオがだのしわざだな。なんとひでぇごどをするなだ。」

「おいはばげものだがら、しかだねんだ」

 

 

つぎの日、ルビッチはアントニオがだにかごまれでしまった。

「おい、ルビッチ。デニスがかぜでたおれだんだ。ゴミ人間がらもらったバイキンが原因でねが?」

「プペルはちゃんと体洗ってらよ。バイキンなんてね!」

「しったげばしこぎだな!きんなもあのゴミ人間はくしぇがったや。

おめのいは親子そろってばしこぎだ」

たしかにプペルの体はいっぺ洗っても、つぎの日にはくしぇぐなってあった。

ルビッチにはけぇすことばもねがった。

「なしてゴミ人間なんかどご あでするって。空気よめ。オメもこっちゃけ」

 

 

かえりみち、トボトボとあるぐルビッチのもどさプペルがやってきたど。

「なぁ、ルビッチ。あそびにいくべ」

「……まだくしぇぐなってるんでねが。そのせいで、おれはきょう、学校でイジメられだんだでば。なんぼ洗ってもくしぇぐなるおめの体のせいで!」

「わりなぁ、ルビッチ」

「もうオメどは会えねでばよ。もうオメどはあそばね。」

 

 

それがら、ふたりは会わねぐなったど。

プペルはルビッチと会わねぐなってがら体を洗うこともねぐなり、

ますますきたねぐなっていぎ、ハエがたがって、どんどんきたねぐ、どんどんくしぇぐなっていったど。

プペルの評判はわりぐなるいっぽうだったんだど。

もう誰もプペルにちかづがねぐなってしまったんだ。

 

 

あるとじぇね晩。

ルビッチの部屋の窓がコツコツと鳴った。

窓さ目をやれば、そごさ、すっかりかわりはでだプペルの姿があった。

体はドスぐれぐ、かたっぽの腕もねがった。

またアントニオがださやられだんだべ。

ルビッチはあわでで窓をあげだ。

「なした、プペル?おいだぢは あど……」

「……あべ。」

「なにいってだ?」

「あべ、ルビッチ」

 

 

「ちょっとまってけれ。なしたど?」

「いそがねばね。おいの命とられるまえにあべ」

「どさいぐって」

「いそがねばね、いそがねばね」

 

 

たどりついだのは、だれもよりつかね砂浜。

「あべ、ルビッチ。ささ乗れ」

「なにいってる。この船はぶっかれでるがらすすまねど」

おかまいなしにプペルはポケットがら大量の風船をとだして、

ふうふうふう、と息をふで、風船をふぐらませる。

ふうふうふう、ふうふうふう。

「おいプペル、なにやってだ?」

ふうふうふう、ふうふうふう。

「いそがねば。いそがねばね。おいの命がとられるめに」

プペルはふくらませた風船を、ひとつずつ船さ結びつけでいった。

 

 

船には数百個の風船が取り付けてあったど。

「いくべ、ルビッチ」

「どこさ?」

「煙の上だ。」

プペルは、船さとめであったロープどごほどいで言った。

「ホシ見にあべ」

 

 

風船をつけだ船は、ゆっくりと浮かんでいぐ。

「おいおい いーが、コレ!?」

こんな高さがら町を見おろすのは、初めてだ。

町の夜景はとてもきれいであった。

「さ、息をとめれ。そろそろ煙のなかさはるよ」

 

 

ゴオゴオゴオゴオ。

煙のながは、なんもめね。ただただまっくらだ。

ゴオゴオという風の音はまじって、プペルのこえが聞ける。

「ぎじっとつかまれ、ルビッチ」

うえにいけばいぐほど、風はどんどんつえぐなっていった。

 

 

「ルビッチ、上見でみれ。煙がら抜げる!目閉じればだめだや。」

ゴオゴオゴオオオオ。

 

 

「……おとーはばしこぎでねがった」

そごは、かぞえらえねぼの光でうめつくされであった。

しばらぐながめで、そして、プペルがいった。

「かえりは、風船を船がらハズせばいったって、いっぺんにハズせばダメだや。

いっぺんにハズせば急に落っことすがら、いっこずつ、いっこずつ……」

「なにいってだ、プペル。いっしょにかえるべ?」

「オメどいっしょにいれるのは、ここまでだ。

おいはオメといっしょに『ホシ』をみれでほんとにいがった」

 

 

「なにいってんだ。いっしょにかえるべ」

「あんな、ルビッチ。オメがねぐしたペンダントを、ずっとさがしてあったんだ。

あのドブ川のゴミはゴミ処理場さながれでるがらよ、

たぶん、そごさあるんでねがなーとおもってや」

 

 

「おい、ゴミ山で生まれだゴミ人間だがら、ゴミをあさるのは、なれでるんだ。

あの日がら、まいにぢゴミのながさがしたんだども、ぜんぜんみつけれねくて……。

十日もあれば、見つかるとおもったども……」

 

 

「プペル、そのせえでオメの体は……おい、あんだけヒデェごどしたのに」

「なんもだ。オメがはじめでおいさはなしかけでけだどぎ、

おいはなにがあってもオメの味方でいるって決めだんだ」

ルビッチの目がら涙がこぼれだ。

「それに、けっきょぐ、ゴミ処理場さペンダントはねがった。

おいはバガけだった。

オメが『なつかしいかまりがする』っていったどぎ気づかねばねがった」

プペルは頭のボレえ傘をひらいだ。

「ずっと、こさあった」

 

 

傘のながさ、銀色のペンダントがぶらさがったった。

「オメが探してあったペンダントはこさあった。おいの脳ミソだ。

なつかしいかまりのしょうたいはコレだったったな。

おいのひだり耳についであったゴミがねぐなったどぎ、ひだり耳が聞けねぐなった。

おんなじように、このペンダントがねば、おいは動がねぐなる。

んだったって、このペンダントはオメのだ。オメどすごした時間、

おいはほんっとにしあわせだった。どうもなルビッチ、へばな……」

そういって、プペルがペンダントをひきちぎろうとしたどぎだった。

 

 

「ダミだ!」

ルビッチがプペルの手をつえぐつかんだ。

「なしたどは、ルビッチ。このペンダントはオメのものだ。

して、このまんまおいが持ってだって、そのうちアントニオがださちぎられで、

こんどこそほんとうにねぐなってしまう。

せばオメは父さんの写真をみれねぐなる」

「いっしょに逃げればいいべ」

「バガこげ。おいどいっしょのどごみつかれば、

こんどはルビッチがなぐられっかもしれねんだや」

「かまわね。痛みはふたりでわげればいいべ。せっかくふたりでいるんだ」

 

 

「まいにち会うべプぺル。そうすればおとーの写真もまいにちみれるんで。

んだがらまいにち会おべ。また、まいにちいっしょにあそぶべ」

ゴミ人間の目がら涙がボロボロとこぼれだど。

ルビッチとまいにちあそぶ……、それはなんだか、とおい昔がら願ってだような、

そんなふしぎなきもちになったんだど。

「プぺル、ホシはしこたまきれんだな。つれできてけで どうもな。

おいはオメど出会えてしんたげいがった」

プぺルはしょしぐなって、

 

 

「やめてけれはルビッチ。しょしべ」

そういって、人差し指で鼻ん下どごこすったど。

 

 

「……わり、プぺル。おいも気づくのおせがったな。んだが、……んだが。

ハロウィンは死んだひとの魂がかえってくる日だったな」

「なんのこどだば?ルビッチ」

「ハロウィン・プぺル、オメのしょうたいさわかったで」

 

 

「会いにきてけだんだな、おとー」

 

 

 

THE END

 

 

【秋田県:秋田弁担当】
 
柳山 めぐみ
鈴木 知行
渡辺 ゆみこ
Letter Pot
Saya Ono
遠藤 一樹
Keiko Takeda
佐藤 誠
近藤 岳裕
【原作の購入はこちら】