広島県:広島弁

「信じぬくんじゃ。はぁひとりんなろうが」

4000メートルの崖にかこまれてからに、よその世界を知らん町があったんじゃ。

町はえんとつばっかし。

あっちやらこっちやら煙があがって、あたまんうえはモックモク。

朝から晩までモックモク。

えんとつの町に住んどるもんは、くぅろい煙にとじこめられてからに、

あおい空を知りゃあせん。
かがやく星を知りゃあせん。

 

 

町はいま、ハロウィンまつりまっただなか。

魔よけの煙もいっしょんなって、いつもよりひどぉにモックモク。

あるとき、

夜空をかける配達屋さんが、煙をすぅてせきこんでから、

配達中の心臓を、うっかりおとしてしもおたんよ。

さすがに視界はこがぁなわるさ、はぁどこにおちたんかわかりゃあせん。

配達屋さんははよぉにあきらめてからに、夜のむこうへスタコラサッサ。

ドクドクドクドクドックドク。

えんとつの町のかたすみで、あの心臓が鳴っちょるよ。

 

 

心臓は、町のはずれのゴミ山におちたんよ。

ドクドクあばれる心臓に、ゴミがあれこれひっついて、ついに生まれたゴミ人間。

あたまはバサバサ、オンボロ傘。口からガスが、プスーハッハ。

ぶちきしゃないゴミ人間。ぶちくさいゴミ人間。

耳をすましゃあ、といいほうから鐘の音が聞こえてきよるよ。

こりゃどうも、われのほかにもだれかおってみたいじゃ。

ゴミ人間はゴミ山をでてっちゃった。

 

 

町にいきゃあ、バケモンらぁがウヨウヨ。

「のぉ、えらいいなげなかっこうしとるじゃん」

ふりかえりゃあ、そこに立っとったんはカボチャのオバケ。

「なんねぇアンタは?」

「地獄の業火をのみこんでから、ハロウィンの夜をあやしゅうてらす。

オレ様はジャック・オー・ランタン!」

 

 

いろんなバケモンらぁがゴミ人間とこによってきたんじゃ。

「イ~ヒッヒ、みながおそれる夜の支配者、魔女じゃ~」

「悪魔の科学者が生みだしたモンスター、フランケンさまたぁワシのことじゃ」

「死ぬんをわすれた、うちはゾンビ」

みなそろうて、こう聞いてきよる。

「そりゃそうとアンタァいったい、なにモンねぇ?」

「ワシはゴミ人間でがんす」

バケモンらぁはいっぺんに笑うちゃった。

 

 

バケモンらぁのつれんなったゴミ人間は

「トリック・オア・トリート、トリック・オア・トリート。

おやつくれんかったらワルさするでぇ」と人んちをまわって、

おとならからおやつをわけてもろうた。

ほいで、われよりこまい子らには風船をプレゼントしてまわったんじゃ。

ゴミ人間がふくらました風船はぷかぷか浮かぶけん、こどもらは、おおよろこび。

「よっしゃ、つぎの家じゃ。いこうや、ゴミ人間」

 

 

あっちゃこっちゃまわって、バケモンらぁのポケットは、おやつでよおけふくれちゃった。

時計台の鐘が鳴り、みな、いぬるしたくをしだす。

ゴミ人間はつれのひとりにはなしかけたんじゃ。

「ハロウィンはたのしいのう。またあしたもしょうやあ」

「なにをようるんや、ゴミ人間。ハロウィンはきょうまででぇ」

そういうたら、バケモンらぁはつぎつぎにマスクをぬぎはじめたんじゃ。

カボチャんなかからぁ少年のアントニオが、

魔女んなかかららぁ少女のレベッカが、

それぞれでてきちゃった。

なんじゃあ、みなはバケモンの仮装をしとったんじゃ。

 

 

「どしたんよ、あんたもぬぎんさいや、ゴミ人間」

「ほうよ、そがぁにきしゃない仮装、あんたもいやじゃろ?」

レベッカがゴミ人間のあたまをひっぱったときじゃった。

「いてててて」

 

 

「キャアア!」

レベッカがえらい声をあげたんじゃ。

「コイツ、仮装じゃなぁで!」

少年らぁはゴミ人間からサッとはなれたんじゃ。

「あっちんいけえやバケモン!」

「町からでていけえや、ゴミ人間!はぁ海にながされりゃえ!」

少年らぁはつぎつぎに、きしゃないことばをあびせたんじゃ。

 

 

ゴミ人間のうわさははように町じゅうにひろがってった。

「ゴミ人間じゃ」

「バケモンが出たで」

ゴミ人間がはなしかけようが、

「あっちいけぇや、ゴミ人間」「ニオイがうつろうが」

と、かもうてもらやぁせん。

ゴミ人間はベンチにこしかけてからに、プスーハッハとくさいためいきをこぼしちゃった。

そんときじゃった。

「アンタがうわさのゴミ人間じゃね。ソリャ、仮装じゃあないんじゃって?」

 

 

ふりかえりゃあ、体じゅう“スス’’もぐれの少年が立っとったんじゃ。

少年はゴミ人間のしょうたいを知ってもにげようたぁせんかった。

「おら、えんとつそうじ屋のルビッチでがんす。アンタは?」

「……え゛、え゛っと」

「なまえがなけらにゃつけりゃええ。ほうじゃねえ、

……ハロウィンの日にきたけん、アンタのなまえはハロウィン・プぺルじゃ」

 

 

「ハロウィン・プぺル、アンタこがぁなところでなんしよるん?」

「だぁれもあそんでくれんのんよ」

プぺルがそういうたら、ルビッチはワハハとわろうちゃった。

「そりゃあそうじゃろうよね、プぺル。アンタァきしゃないし、ほいでぶちくさい」

「ゆぅてくれるね。そういうルビッチじゃって、まっくろけっけじゃんか」

 

 

「そりゃいま、しごとのかえりじゃけんねえ、こんとおりススもぐれよ」

「えんとつそうじは、おとなのしごとじゃろ?」

「ウチかたにゃ父ちゃんがおらんけん、おらがはたらかんにゃあいけんのんよ。

そんなんより、そがあなニオイじゃ、きらわれてあたりまえよぉ。うちかたの庭で体を洗いんさい」

「え? いいん?」

「おらも体を洗わんにゃあ家にあがれんけぇね。ついでにアンタも洗やええ」

「ルビッチはワシをさけんね」

「なんかなつかしいニオイがするんよ。おらがすてたパンツでもまじっとんかね?」

 

 

ルビッチはプぺルの体をすみずみまで洗おてくれちゃった。

よごれはきれいにおちて、ニオイはえらいマシになったんじゃ。

「ありがとの、ルビッチ」

「……ほいじゃが口がくさいね。息はいてみんさい」

プぺルは息をはいちゃった。

「アハハ、こりゃくさいわ。プぺル、そりゃガスじゃ。みがこうがムダよお」

ふたりは、おそうまでいっしょにおったんじゃ。

 

 

「あんたぁ、きょう、あのゴミ人間とあそんだん?」

「しゃあないよ、母ちゃん。プぺルはわるいやつじゃないけん」

「その好奇心は父ちゃんゆずりじゃねえ」

町でただひとりの漁師じゃったルビッチの父ちゃんは、

きょねんの冬に波にのまれてからに、死んでしもうたんじゃ。

みつかったんは、ボロボロにめげた漁船だけ。

この町じゃあ、海には魔物がおると信じられとって、海にでるんを禁止されとったんで、町のひとらぁは「自業自得よ」ていったんじゃ。

「のお、母ちゃんは父ちゃんのどこがえかったん?」

「照れ屋でかわええとこもあったじゃろ。うれしいことがありゃあ、
すぅぐこうやってひとさし指で鼻のしたをこすってから」

 

 

つぎの日、プペルとルビッチは、えんとつのうえにのぼったんじゃ。

「こわいけ、ルビッチ」

「しっかりつかまっとりゃあ、しゃあないよ。ほいじゃが突風がふくけぇ、おとしもんにゃあ気いつけんさいね」

「なんかおとしもんしたことがあるん?」

「うん。父ちゃんの写真がはいっちょる銀のペンダント。

父ちゃんの写真はあれ一枚しかのこっちょらんのに、さがしてもみつからんかったんよ」

ルビッチはドブ川をさしてゆうた。

「あのドブ川におちたんよ」

 

 

「のお、プペル、『ホシ』って知っとる?」

「ホシ?」

「この町は煙でおおわれとるじゃろ? じゃけえおらたちにゃ、みれんけど、

あの煙のうえにゃあ『ホシ』って呼ばれちょる、光りかがやく石っころが浮かんどるんじゃ。

それも一個や二個じゃあない。千個、一万個、えっとえっと」

「そがあなバカなはなしゃあないじゃろが。ウソじゃろ?」

「……おらの父ちゃんが、その『ホシ』みたんよ。

といぃ海にでたときにね、ある場所で、頭のうえの煙がのおなって、

そこにゃあ光りかがやく『ホシ』がえっと浮かんどったんと。

町のひとらぁはだぁれも信じんくって、父ちゃんはうそつき呼ばわりされたまんま死んでしもうたんじゃ。

ほいじゃが、父ちゃんは『煙のうえにゃあホシがある』いうてね、

ホシをみる方法をおらにおしえてくれたんよ」

ルビッチはくろい煙をみあげてゆうた。

「『信じぬくんじゃ。はぁひとりんなろうが』」

 

 

つぎの日、まちあわせ場所にきたプぺルは、またくせえニオイをだしちょった。

つぎの日も、そのまたつぎの日もそうじゃ。

「プぺルの体は洗おても洗おてもくそうなるねぇ」

ルビッチは、くせえくせえと鼻をつまみながらも、まいにち体を洗おてくれちゃった。

 

 

ある日のこと。

プぺルは、かわりはてた姿であらわれたんじゃ。

「どしたんプぺル?いったいなんがあったん?」

なんと、プぺルのひだり耳についとったゴミがもげちょった。

「わしがおると町がよごれるんじゃと」

「耳は聞こえるん?」

「いや、ひだり耳からぁなんも聞こえんくなった。

ひだり耳のゴミがもげりゃあ、ひだり耳が聞こえんよぉなるらしい」

「アントニオらぁのせえじゃね。なんちゅうヒドイことをするんじゃ」

「わしはバケモンじゃけえ、しゃあないよ」

 

 

つぎの日、ルビッチはアントニオらぁにかこまれてしもうたんじゃ。

「のお、ルビッチ。デニスがかぜでたおれたんで。

ゴミ人間からもろおたバイキンが原因じゃあないんか?」

「プぺルはちゃんと体を洗おとるよ。バイキンなんかないわ!」

「ばりうそつきょおるのぉ! きのうもあのゴミ人間はくさかったで。

おまえんちは親子そろおてうそつきじゃ」

たしかにプぺルの体はいくら洗おても、つぎの日にゃあくそうなっとった。

ルビッチにゃあかえすことばがありゃあせん。

「なんでゴミ人間なんかとつるんどんや。空気よめえや。おまえもコッチン来いや」

 

 

かえりみち、トボトボあるくルビッチんとこにプぺルがやってきたんじゃ。

「のお、ルビッチ。あそびにいこうやぁ」

「……またくそうなっとるじゃんか。じゃけえ、おらはきょう、学校でイジメられたんじゃ。いくら洗おてもくそうなるアンタの体のせいでのお!」

「ごめんのお、ルビッチ」

「もうアンタとは会えんわ。もうアンタとはあそばん」

 

 

そっから、ふたりが会うこたぁのおなった。

プぺルはルビッチと会わんよおなってから体を洗うことものうなって、

よけぇこそよごれてって、ハエがたかり、どんどんきしゃなく、どんどんくそうなってったんじゃ。

プぺルの評判はわるうなるいっぽうじゃ。

もうだあれもプぺルにちかづこうたぁせん。

 

 

あるしずかな夜。

ルビッチのへやの窓がコツコツと鳴ったんじゃ。

窓に目をやりゃあ、そこにゃ、えらいかわりはてたプぺルの姿があったんじゃ。

体はドスぐろお、かたほうの腕もありゃあせん。

またアントニオらぁにやられたんじゃろう。

ルビッチはあわてて窓をあけたんじゃ。

「どしたん、プぺル? おらたちははぁ……」

「……イコウ」

「なにいっとん?」

「いこうや、ルビッチ」

 

 

「ちょっとまってや。どうしたっていうん?」 

「いそがにゃあ。わしの命がとられるまえにいこう」

「どこにいくんよ」

「はよせにゃ、はよせにゃ」

 

 

たどりついたんは、ひともよりつかん砂浜。

「いこう、ルビッチ。ほれ乗りんさい」

「なにいっとんよ。この船はめげとるけんすすまんよ」

おかまいなしにプぺルはポケットからえっと風船をとりだしてから、

ふうふうふう、と息をふきこんでからに、風船をふくらましよる。

ふうふうふう、ふうふうふう。

「のおプぺル、なにしとんよ?」

ふうふうふう、ふうふうふう。

「はよせにゃ。はよせにゃ。わしの命がとられるまえに」

プぺルはふくらました風船を、いっこんずつ船にくくりつけてっちゃった。

 

 

船にゃあ数百個の風船がとりつけられたんじゃ。

「いくよ、ルビッチ」

「どこへ?」

「煙のうえ」

プぺルは船をとめとったロープをほどいてゆうた。

「ホシみにいこうや」

 

 

風船をつけた船は、ゆっくり浮かんでいきょおる。

「ちょっとだいじょうぶなん、コレ !?」

こがぁな高さから町をみおろすんは、はじめてじゃ。

町の夜景はぶちきれいじゃった。

「ほれ、息をとめんにゃあ。ぼちぼち煙んなかはいるよ」

 

 

ゴオゴオゴオゴオ。

煙んなかは、なんもみえやぁせん。ただただまっくらじゃ。

ゴオゴオっちゅう風の音にまじってからに、プぺルのこえが聞こえちょる。

「よぉつかまっとりんさいよ、ルビッチ」

うえにいきゃあいくほど、風はどんどんつよおなっていっちゃった。

 

 

「ルビッチ、うえみてみんちゃい。煙ぬけるよ!目ぇ閉じちゃいけんよ」

ゴオゴオゴオオオオ。

 

 

「……父ちゃんはうそつきじゃなかった」

そこは、かぞえきれんぐらいの光でうめつくされとった。

しばらくながめとって、プぺルがいうたんじゃ。

「いぬときはねぇ、風船を船からハズしゃええんじゃけど、いっぺんにハズしちゃいけんよ。

いっぺんにハズしゃあ急に落っこちるけえ、いっこんずつ、いっこんずつ……」

「なにいっとん、プぺル。いっしょんいぬんじゃろ?」

「アンタといっしょんおられるんは、ここまでよ。

ワシはアンタといっしょに『ホシ』みれてほんまにえかったよ」

 

 

「なにいっとるんよ。いっしょんいのぉや」

「あんね、ルビッチ。アンタが失くしたペンダント、ずっとさがしとったんじゃ。

あのドブ川のゴミはゴミ処理場にながれつくけん、

まあ、そこにあるわぁおもおてね」

 

 

「わし、ゴミ山で生まれたゴミ人間じゃけえ、ゴミをあさるんは、なれっこなんじゃ。

あの日から、まいにちゴミんなかさがしとったんじゃが、いっそみつからんかった……。

十日もありゃあ、みつかるおもうたんじゃけど……」

 

 

「プぺル、そのせいでアンタの体は……おら、あんだけヒドイことしてしもうたのに」

「かまわんよ。アンタがはじめてワシにはなしかけてくれたとき、

ワシはなんがあってもアンタの味方でおろうっゆうて決めたんじゃ」

ルビッチの目から涙がこぼれちゃった。

「それにのお、はあもぉ、ゴミ処理場にゃあペンダントはなかった。

ワシはバカじゃったわ。

アンタが『なつかしいニオイがする』ゆうたとき気づくべきじゃった」

プぺルは頭のオンボロ傘をひらいたんじゃ。

「ずぅっと、ここにあったんじゃ」

 

 

傘んなかに、銀色のペンダントがぶらさがっとった。

「アンタが探しとったペンダントはココにあったんじゃ。ワシの脳ミソよ。

なつかしいニオイのしょうたいはコレだったんじゃね。

ワシのひだり耳についとったゴミがもげたとき、ひだり耳が聞こえんよぉなった。

同んなじように、このペンダントがなくなりゃあ、ワシは動かんくなる。

ほいじゃが、このペンダントはアンタのもんよ。

アンタとおった時間、ワシはほんまにしあわせじゃった。

ありがとのルビッチ、じゃあの……」

そうゆうて、プぺルがペンダントをひきちぎろうとしたときじゃった。

 

 

「いけんよ!」

ルビッチがプぺルの手をつよおつかんだんじゃ。

「なにしょおるんよ、ルビッチ。このペンダントはアンタのもんで。

ほいで、このまんまワシが持っとっても、そのうちにアントニオらぁにちぎられてからに、

こんどこそほんまにのおなってしまうわ。

そしたらアンタあ父ちゃんの写真みれんよおなるで」

「いっしょん逃げりゃあええじゃんか」

「カバチいうなや。ワシといっしょんおるんをみつかりゃあ、

こんどはルビッチがしばかれるかもしれんで」

「かまわんわ。痛みはふたりでわけりゃあええ。せっかくふたりおるんじゃけん」

 

 

「まいにち会おうやプぺル。そうすりゃ父ちゃんの写真もまいにちみれるんじゃけえ。

じゃけんまいにち会おう。また、まいにちいっしょにあそぼうや」

ゴミ人間の目から涙がボロボロこぼれちゃった。

ルビッチとまいにちあそぶ……、そりゃあなんか、といい昔から願っとったような、

そがぁなふしぎなきもちになったんじゃ。

「プぺル、ホシはぶちきれいじゃね。つれてきてもろおてありがとの。

おらぁアンタと出会えてほんまにえかったわ」

プぺルは照れくそうなって、

 

 

「やめてえやルビッチ。はずかしいじゃんか」

そうゆうてから、ひとさし指で鼻のしたをこすったんじゃ。

 

 

「……ごめん、プぺル。おらも気づくんがおそかったわ。ほうか、……ほっか。

ハロウィンは死んだひとの魂がかえってくる日じゃったね」

「なんのこと?ルビッチ」

「ハロウィン・プぺル、アンタのしょうたいがわかったわ」

 

 

「会いにきてくれたんじゃね、父ちゃん」

 

 

THE END

 

 

【広島県:広島弁担当】
 
足利 祐子
河原 真由美
 
児玉 裕子
 
佐々木 美穂
 
菅 めぐみ
竹國 綾子
 
谷口 みほり
南家 孝之
 
飯田 典子
藤岡 美紀
 
保﨑 美紀
松本 美樹子
山田 竜也
【原作の購入はこちら】